graduate-work

 

3月の卒業シーズンが終わると、新しい生活・環境をスタートさせる方も多いと思います。

特に春から大学や専門学校に通う方は、初めてのアルバイト探しになる方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな方へ気をつけてほしいアルバイト探しのポイントをご紹介します。

 

 

 

1. 無理なく通える「働く場所」を絞る

train

 

自宅や学校から遠い勤務地では通うだけで大変になることがあります。

まずは、あなたの生活スタイルから勤務地を絞りましょう。

ポイントは「通勤時間1時間以内」です。

通勤時間が長くなると朝の起床時間が早すぎてしまったり、帰りが極端に遅くなってしまうこともあります。

 

他にも支給される交通費の上限額を超えてしまい、自腹で通勤しなければいけないことも。

特に注意なのが「学生定期券」を持っている方です。

バイト先によっては定期区間は交通費の支給がないところもあります。

アルバイトの募集要項でもしっかり確認しましょう。

 

 

 

2. 憧れの仕事の現実を知ろう

work-part-of-job

 

初めてのアルバイトでは自分のイメージにあった仕事を選びがちになります。

しかし、イメージとは裏腹にとても大変な仕事だったり、人間関係に苦労することもあります。

そういった理想と現実のギャップに惑わされない為にも、予め興味がある仕事の雰囲気をつかんでおきましょう。

イベントバイトであれば、私も約10年経験しているのでこちらのページが参考になると思います。

>>イベントスタッフ特集ページ

 

その他のアルバイトは、タウンワークの「バイト探し方」が参考になります。

バイトを探すのと同時に、まずは仕事の実態を知る事から始めましょう。

 

 

 

3. バイトを決める基準が分からない時は「成りたい自分」からイメージする

vision-work

 

誰もが理想のアルバイトを持っている訳ではありません。

なかには「とにかくお金を稼げればいい」と考える方や、「決まった時間しかバイトできない」という方もいるでしょう。

そんな時に考えてほしいのが、「1年後、2年後、4年後のあなた」です。

 

アルバイトと言えど、社会で働く経験は馬鹿にできません。

私も学生時代にアルバイトをしておけば良かったともの凄く後悔しています。

学生時代に年齢の違う人と一緒に働く経験は大きな気づきを与えてくれますし、その後の就職選びや人生観にも影響してきます。

つまり、アルバイトの経験次第であなたの未来が変わる可能性は大きくあるのです。

せっかくの仕事経験を活かすためにも、就きたい仕事や、身につけたいこと、克服したいことに関連するアルバイトを探してみましょう。

 

例えばイベントバイトなら、

  • 人前で大きな声で話す、行動する
  • 大きな会場で設営・案内・誘導・警備をする
  • サービス・娯楽産業、生活商品の販売会社と一緒にサービス展開、接客対応をする

といった経験ができます。

 

この経験で得られる、

  • 対人スキルの向上
  • イベントが出来上がるまでの裏舞台を知る
  • 段取りの理解・指示出し(リーダー)・臨機応変の対応

といった事を身につけたい方は、「イベントバイト」を選択肢に加えてみることをおススメします。

 

ちなみにイベントバイトのメリットは、

  • 1日3時間から10時間以上まで、働く時間を選べる
  • シフト制ではなく、働きたい時に働ける(例外あり)
  • 時給1,500円など高単価の仕事もある
  • 話題のイベントや有名人と一緒に働けることがある
  • 10代~20代の年齢が近い世代が多く働く

といったところです。

 

 

 

4. 雇用条件をしっかり確認する

work-sheet

 

アルバイトを始める時には契約を交わします。

そこにはあなたの働く条件や待遇が書かれているので、分からないところが無いようにしっかり確認しましょう。

また、ある程度は求人サイトで把握することができます。

確認ポイントは以下の通りです。

  • 年齢・働ける日数・期間などの募集要項
  • 時給と残業手当・交通費の支給
  • 働く時間、勤務日はシフト制か単発か
  • 服装・身だしなみ
  • 雇用保険のあり・なし
  • 一緒に働く人の年齢層・男女の割合

 

 

 

5. 気負い過ぎず、最悪辞めることができることも頭に入れる

To-quit-a-job

 

やりたいバイトを決めたら、堂々と面接・登録に行きましょう。

どんな時も初めは不安ばかりです。

ネガティブになってしまうこともありますが、あまり気負い過ぎず始めましょう。

万が一、どうしても続けられない時は「辞めることができる」と考えて、今できることをやるべきです。

 

また、アルバイトが決まるまでに2~3ヶ所を同時に受けてみるのも良いでしょう。

複数のバイト先に応募することで自分に合う仕事・環境を見つけやすくなります。

 

 

 

おわりに おすすめの求人サイト

cafe-girl

 

アルバイト探しで利用する、おすすめの求人サイトは「アルバイトEX」です。

 

アルバイトEX」は大手求人サイトメディア(an、マイナビ、ジョブセンスなど)21社と提携しているため、 求人数が70万件以上もあり、もれなく3万円のお祝い金がもらえるという特徴があります。

 

また、テレビCMでもおなじみの「タウンワーク」、同じリクルートが運営する「フロム・エーナビ」も求人数が多くおすすめです。

 

まずはどんな条件・環境のアルバイトがあるか探してみて下さい。

 

\ アルバイト探しはこちらから /

 

本日もご覧頂きありがとうございました。