transport-expenses

 

今回はイベントスタッフの交通費のお話しです。

自宅から勤務先の交通費が補助されることはよくありますが、毎日勤務先が変わったり、遠方へ行ったりするお仕事はちょっと事情が特殊です。

定期も作れず交通費だけで月2万円以上かかることもあります。

こんな時しっかり交通費は出るのでしょうか。

もし損をするなら少しでも安く済ませたいですよね。

今回は色々なパターンがあるイベントスタッフバイトの交通費事情と、安く済ませるための方法についてご紹介していきます。

 

 

 

交通費とは

自宅から勤務先までの乗り物を利用したことで発生する費用のことを交通費といいます。

乗り物には電車・バス・新幹線・車・タクシー・飛行機などがあります。

一般的には往復の移動費用が交通費として支払われます。

車の場合はガソリン代になることも。

 

この交通費を会社が給料と一緒に払ってくれることがありますが、イベントスタッフの場合は一定の額に固定されません

それは先ほども話した勤務先がコロコロ変わるからです。

昨日は500円だった交通費が今日は2,000円掛かった、なんて日もあります。

その為交通費の支払額もお仕事ごとに変わっていきます。

 

 

 

交通費の支払額の決め方は?

会社やその日のバイト先にもより変化します。

例えば電車で移動ができる近郊のバイト先であれば「一律1,000円」のように一律料金の場合や、自宅から現場までの実質交通費を支払うときもあります。

実質交通費の支払いも一番安い移動手段が交通費になることや、あなたが実質交通費を派遣会社へ報告し、その金額をまとめて給料と一緒に振り込むときもあります。

また交通費が一律であれば、支給額より移動を安く抑えれば得をしますが、交通費を超えてしまえば赤字になります。

つまり会社やお仕事内容によっては交通費は得することも損することもあります。

 

 

 

細かい会社は切り詰めることも

またICカードで利用できるエリアではIC料金で計算する会社もあります。

これは現金で移動区間の切符を買うよりICカードで支払う方が少しだけ安くなるからです。

数円~数十円の世界ですよ。

さらに学生は定期券外のみ交通費支給のときもあります。

定期区間が切れる駅から勤務先までの往復交通費のみ支払うということです。

会社にとっては嬉しいですが学生にとっては損した気分ですね。

 

 

スポンサーリンク

 

レアケース① 新幹線・特急の場合

あまり多くはありませんが、移動に新幹線・特急を利用することがあります。

基本的には事前に(会社側が)用意した切符を使って乗りますが、急なお仕事のときは立て替えで、後日給料振り込みのときもあります。

立て替えのときは不正を防ぐために領収書の発行を義務付けられることもあるので注意しましょう。

 

ちなみに私が新幹線を利用した時は東京から広島・大阪へお仕事をした時です。

広島へは事前に決まっていたので会社から用意されたチケットで新幹線を利用しましたが、大阪は前日に仕事が決まり自分で立て替えることになりました。

特急の利用は上野から常磐線で水戸方面へ行くときや、浅草・北千住から東武線(りょうもう号)を使って桐生方面へ向かったときです。

 

 

 

レアケース② レンタカー利用の場合

遠方のお仕事や電車が走っていない地域へはレンタカーで行くこともあります。

レンタカーは派遣会社やお仕事先がレンタルしてくれ、会社に近い営業所から車に乗って勤務先へ向かいます。

社員の方が同乗して運転してくれる時もありますが、運転できるスタッフがいる場合は任されることもあります。

レンタカー移動の場合は交通費は出ない(もしくはレンタカー会社までの往復交通費のみ)ことが多く、その代り移動中の昼食代などが支給されることがあります。

レンタカーで利用した高速代やガソリン代は立て替えになるか事前に渡されたお金を使って支払うことがあります。

 

 

 

なるべく交通費を浮かすには

money-work

 

ここまで仕事先までの移動方法と交通費の関係を見ていきましたが、実際に損をせず安く抑えるにはどうすればよいでしょうか。

ここからは交通費を節約するための方法をご紹介します。

 

 

 

申告したルートより安い方法でバイトへ向かう

バイト先が同じ場合は、事前に会社へルートと交通費を申告することがあります。

この時に自己申告でルート(交通費)を伝える時は一番高い方法を伝え、実際の移動には安い方法で移動すれば差額が浮きます。

また毎日交通費を報告する場合は、一番安いルートで現場へ向かい、会社へ提出するルートは一番高い料金を伝えることで交通費を浮かすことができます。

ただしこの技が使えるのは領収書の発行が必要ない場合です。

 

また、会社に自己申告するケースもしっかりと経路と料金は調べられるので万が一金額が違う申請をしてしまうと不正をしようとした、と信用を無くされることがあります。

いずれにせよずるい(賢い?)やり方ですので、堂々とやるよりこっそりやった方が良いですね。

 

 

 

自宅から近い現場、定期内でバイトを探す

なるべく徒歩圏内や自転車で行ける範囲のバイトをすれば交通費はかかりません。

同様に定期区間であればお金を使うことはありませんね。

ただし、お仕事がかなり限られてくるのでイベントスタッフ向きではありません

たまにあるスーパーやショッピングモールでの地域イベントや、携帯ショップのプロモーションなどで活躍できるかもしれません。

 

 

 

途中まで歩いて浮かせる

定番の手段ですが、山手線など駅区間が1~2kmの距離であれば楽々歩くことができます。

また一駅で料金がガラッと変わる場所や、2線利用できるエリアでは遠方の駅を利用した方が安くなることもあります。

移動時間は増えますがお金が浮き、歩いてカロリーを消費し健康的になるので良い方法だと思います。

私も結構歩いて浮かせてましたよ。

 

 

 

自転車を使う

自転車の場合は徒歩よりも広い範囲で移動ができます。

私は足立区に住んでいたのですが、何回か東京ビッグサイトや台場へ自転車で勤務しました。

ただし時間はかなりかかるのでせめて1時間で行ける距離が理想でしょうか。

距離だと10~15km以内であれば自転車もありだと思います。

 

ただし、

  • 自転車置き場で料金が掛かることがある
  • 汗をかき、風で髪型が乱れることがある
  • 服装が汚れることがある
  • バイト前に体力を消耗する

こういったデメリットもあるので費用対効果と仕事現場に迷惑をかけないか考える必要があります

 

 

 

自家用車を使う

現地集合のバイトで、最寄駅やバス停から現場が遠い時に有効な手段です。

満員電車に乗らずに一人優雅に車で勤務できるので気分的にも嬉しいですね。

現場付近に駐車場があればほとんど歩かずに済み、体力も温存できます。

 

ただし道が渋滞する恐れや、ガソリン代・駐車場代が高くつくこともあります。

自家用車を利用する場合も時間に余裕を持ち、費用対効果を考えて使いましょう

 

 

 

友達の家に泊まる

バイト先に近い友達の家に泊めてもらいましょう。

特に連勤のバイトでおススメです。

例えば熊谷や八王子などから幕張メッセへ向かう時は往復3~4時間交通費3,000円することもあります。

そんな時は近場の友達の家へお世話になる方が安く済みます。

ラーメン一杯おごってもおつりは来るので、勤務先が近い友達はぜひ大切にしましょう。

 

ただし騒ぎ過ぎは厳禁です。

明日の仕事に影響が出ないように気をつけましょう。

 

 

 

ネットカフェ・カプセルホテルに泊まる

近くに友達がいなくても大丈夫。

勤務先の近くにネットカフェやカプセルホテルがあれば往復交通費くらいの金額で泊まることができます。

ネットカフェもナイトパックを利用すれば2,000円以下で泊まれますし、ジュース飲み放題でマンガ・ネットも使い放題です。

シャワーがあるところもほとんどなので利用しましょう。

ただし睡眠条件が悪いので疲れが取れなかったり寝付けないこともあります

室内も乾燥していることがあるのでマスクをしながら寝ることをおススメします。

 

 

 

まとめ

イベントスタッフバイトの交通手段や交通費は会社や勤務先によって変わります。

バイトに入る際は事前に 交通手段・費用・移動時間を計算する ことが大切です。

時には人を頼って、車に乗せてもらったり、泊まらせてもらうことも考え、負担が増えないように工夫も大事です。

また支払いのトラブルを無くす為にも疑問に思った事はあやふやにせず、派遣会社としっかり連絡を取りましょう。

 

 

 

おわりに

woman-job-search

 

いかがだったでしょうか。

毎日仕事先が変わると「移動」だけでも頭を使うのがよく分かると思います。

乗り換えを調べ、出発時間・料金も調べる。

なかなか慌ただしいですが、時には普段は行かない土地でお仕事をすることもあり、新しい発見や観光地を満喫することもできますよ。

学生や副業を考えてる方は週末だけでもちょっと違った場所で働いてみませんか?

 

イベントスタッフを考えている方は、やりたいお仕事(イベント)から派遣会社へ登録するのが一番ベストです。

バイト探しには大手求人サイト20社以上から一括検索できる、アルバイトEXがおススメです。

>>アルバイトEXでイベントバイトを探す

 

本日もご覧頂きありがとうございました。