cafe-girl

 

今回は、イベントスタッフについて、どんな場所で働き何をするのか。

そして、楽しみ方をご紹介します!

 

世の中にはたくさんのアルバイトがありますが、イベントスタッフのアルバイトはちょっと特殊です

一日で終わる仕事の連続で、毎日新しい場所で働く。

 

時には刺激的で出会いもある、一言では言い表せない幅広いお仕事です。

慣れないことの連続で落ち着かないこともあります。

しかし、学生だからこそやって欲しい理由もあります。

 

今回はそんなイベントスタッフを少しでも分かってもらえたら嬉しいです。

 

 

 

イベントスタッフのお仕事とは?

work-info2

 

イベントスタッフはあなたの身近に多くあるお仕事です。

例えば地域の夏祭りがありますよね。

屋台で働く人やステージで司会をする人、盆踊りの音楽を流す人照明を当てる人

この方達も職種は違いますがみんな「夏祭り」というイベントに関わってお仕事をしています。

 

近所のスーパーでポイントカード発行の受付を見かけたことはありませんか?

これもイベントに関わるお仕事の一つなんです。

もちろん有名アーティストのコンサートやスポーツ会場の運営などもイベントです。

 

このように「イベント」は身近なところから何万人規模のイベントまで幅広いお仕事を占めたカタチなのです。

今ではこういったイベントを聞かない日はないくらい毎日行われています。

つまりここで言う「イベントスタッフ」とは夏祭りの会場で働く人もスーパーでポイントカードを発行する人も、コンサート会場で働く人も同じなんです。

仕事は違うけど「イベント」というくくりでは一緒。

つまりあなたの身近に関わる幅広いお仕事があるのです。

 

 

 

どういった仕事があるの?

concerts-event

 

例としてコンサート会場を考えてみましょう。

楽しみにしていたコンサート会場に近づくと会場入口を案内する人がまず登場します。拡声器で声を掛ける事もありますね。

続いて入場ゲートまでできる列を整理する人、入場口で手荷物のチェック・チケットをもぎる人がいます。

会場へ入ると、グッズや食べ物を売るお店で働く人、席を案内している人や警備服を着た人もいます。

コンサートが始まると音楽が鳴り、照明がアーティストに当てられますね。

今まで登場した方はすべてイベントスタッフです。

  • 会場の外で誘導・案内
  • 入場口の列整理・手荷物検査・チケットもぎり
  • グッズ・飲食販売・座席案内・警備
  • 照明・音響

こんなにたくさんのお仕事が関わってるんですね!

お客さんじゃなくて仕事として会場にいるのはどんな気分なのか気になりませんか?

 

 

 

アルバイトを通してこんな体験ができちゃう!

friend-event

 

先程のコンサートの例でお話しすると、まずはアーティストのリハーサル風景を見られる可能性があります。

もちろんあなたがお仕事をしている中で音が聞こえたり、一部の振り付けを観れたり程度かもしれませんが、お客さんでは決して見ることができない貴重な体験です。

 

また、これから配るパンフレットやグッズを一足先に見ることができたり、同じアーティスト好きバイト仲間も働いているかもしれません。

 

コンサートの仕事ではこういった体験もできます。

  • 会場に貼る座席案内の看板(矢印)の設置
  • 拡声器を使ってお客さんの誘導
  • 会場内の問い合わせ・グッズの販売・チケットもぎり、など

 

今までサービスを受ける側だったのが自分からやる側になる。

働いてみることで、多くのスタッフが関わることや、醍醐味も分かってきますよ。

 

 

 

イベントスタッフのお仕事で就職も有利になる?

woman-job-search

 

コンサートのお仕事に限らずイベントスタッフのお仕事はほとんど毎日違うところで働きます。

その為全く同じ仕事というのがあまりありません。

初めは大変かもしれませんが、慣れてくると現場ごとのパターンややることを掴めるようになります。

すると、始めていった旅行先などプライベートでも取るべきこと・注意点が身体に沁(し)み込んできます。

何かあった時に頼りになるスタッフは近くにいるのか、誰に聴けば良さそうか、どんな言い方をすればいまく説明を分かってくれるかなど。

イベントスタッフを経験して得られる「状況把握力」や「対応力」「コミュニケーションの取り方」が自然と日常にも活かされるようになります。

 

この経験を就職活動に活かせば、もっと広い視野で物事を考える事や面接官の質問への返答で「面接官が何を聞きたがっているか」など相手の真意をくみ取ることもできるかもしれません。

 

また、イベントスタッフで得た・苦労した経験を志望動機やアピールに使えることもあるかもしれません。

ビールの売り子であれは、売るまでのアプローチの仕方や売った実績をアピールできるかもしれませんね。

 

 

 

どうやってイベントスタッフになるの?

search-job

 

イベントスタッフのお仕事は、コンサート会場などが直接アルバイトを募集しているときや、求人サイトへ募集を出していることもあります。

 

直接会場へ問い合わせない方は、求人サイトから探すのが無難です。

おすすめの求人サイトは、大手サイト含む20社以上の求人を一括検索できる「アルバイトEXです。

今ならアルバイトが決まるとお祝い金がもらえることもあるのでぜひ一度覗いてみて下さい。

 

ここまでイベントスタッフのおおまかなお仕事・イメージのお話をしてきました。

もっとイベントスタッフを知りたい!

という方は下記ページで更に詳しくお仕事内容やイベントスタッフの特徴をご紹介しています。

>>イベントスタッフの特徴・やりがいとはどういったのもか?

>>イベントスタッフがおすすめの10の理由

 

【具体的な仕事内容が気になる方はこちら】

>>コンサートスタッフのお仕事内容と体験談

>>展示会のイベントスタッフのお仕事内容と体験談

>>サンプリングスタッフのお仕事内容と体験談

>>フジテレビのイベントスタッフのお仕事内容と体験談

>>住宅展示場のイベントスタッフのお仕事内容と体験談

>>女性におすすめの単発から働けるイベントスタッフ

 

 

 

イベントスタッフの特徴

Chino-Pants

 

イベントスタッフの仕事は普段は見ることができない「イベントの裏側」で働く経験や、地方へ行って泊まり込みでお仕事をしてご当地の物を食べるなど、普段の生活・仕事ではなかなか味わえない刺激的な経験ができるのがイベントスタッフの魅力です。

都心だけでなく、地方のショピングモールや夏フェス、全国を回るキャンペーン・・ひとつの場所に収まらない幅の広さがあります。

 

私は2011年から2016年までイベント派遣の仕事をしてきました。

栄養ドリンクのサンプリングで新潟や群馬、栃木、山梨の大学を周ったり、鈴鹿サーキットまで東京から車で行ったりもありました。

(運転は他の仲間がやってくれました)

 

イベント派遣の良い特徴はこういったところです。

  • 日々違う場所で違う仕事ができる
  • 働く仲間も日々変わり、生き方の違う人から刺激をもらえる
  • 頑張り次第で仕事の幅が広がる、収入も上がる

 

同時に続けていると見えてくる不安な面もあります。

  • 仕事量は派遣会社に左右される
  • 自然災害に影響される仕事
  • イベントを本業とすると見えてくる不安な将来

 

良いことばかりではないのはどの仕事にもあると思いますが、

刺激ある楽しい毎日を仕事にしたい

そんな思いを叶えてくれるのがイベントの魅力であり醍醐味です。

続いてはイベントの仕事をさら掘り下げ具体的にお話ししていきます。

 

 

 

注目のイベントの主役側に。一緒に働く優越感

tokyo-motor-show2017

 

まずは知名度が高いイベントや有名人と関われる仕事に関われる話から。

イメージしてください、あなたが好きなアーティストや有名人の発表会、ライブに行ったときのことを。

お客さんとして開演前に集まり大勢のファンと一緒に会場へ。同じ空気で一緒の時間を過ごす。

 

凄く幸せな時間ですね。

しかしその方と話したり、舞台以外でどんな様子なのかなかなか見ることはできません。

もしステージ側の人間だったら。あなたも近くで様子を見ることができると思いませんか?

そう、あなたも仕事として側にいられたら。

もちろん専門職にはなかなかなれないでしょう。

(マネージャ、メイクさん、衣装さん、進行、技術スタッフ 、舞台監督など多くいます)

 

しかしイベント会社の仕事から舞台の補助や手伝いとなる仕事もあるんです。

こういった仕事につけると、多くの有名人と一緒に働くことができるかもしれませんよ。

ファンから一歩進んだ自分になれるかもしれませんね。

 

【知名度の高いイベントの仕事例】

野外フェスの運営・コンサート会場の誘導 / 席案内・CM記者発表会の運営 / 進行

 

 

 

テレビ局イベントで最高の夏を楽しむ

fuji-tv-daiba

 

注目イベントの一つにテレビ局の夏イベントがあります。

高学歴のテレビ局員やミスコンで優勝したアナウンサーなどと一緒にお仕事ができるチャンスです。

また多くの有名人が関わるイベントとしても知られ、ゲリラ中継などで一緒にお仕事することもあるかもしれません。

最近はフジテレビだけでなく日テレ・テレビ朝日もイベントに力を入れアルバイトの募集も多くなっています。

1ヶ月以上の長期イベントで仕事も出会いも収入もゲットできるチャンスです。

特に学生は社会人になってからも繋がりが続く友達ができることもあります。

夏休みは最高の思い出をつくるために一度はやっておくべきです。

 

【テレビ局イベントの仕事例】

拡声器を使った広報・アトラクションの運営・サンプリング・チケット販売・列整理・企業ブースの運営・設営 / 撤去

>>アルバイトEXでテレビ局の求人を探す

 

 

 

 

日本全国が勤務地?移動こそが仕事の醍醐味

fireworks-love

 

次は全国各地に飛び回る出張案件のお話しです。

よくアーティストの方で全国ツアーや、数ヶ月をかけて地方都市を周るイベントがありますよね。

実はこのスタッフも一部は一緒に周ることが多いんです。

 

例えば音響さん、照明さん、舞台監督、進行さん、技術さん。こういった方が主ですかね。

イベント会社からも行ける可能性はあります。

進行の補助や運営側のディレクター、アシスタントディレクターなどです。

・・とは言ってもいきなり責任者はハードルが高いですね。

 

イベント登録したてでもこういった仕事なら可能性ありますよ。

  • 地方都市の商業施設を周る子供向けイベントのキャンペーンスタッフ
  • 大学を周るサンプリングプロモーションスタッフ
  • 栄養ドリンクのプロモーション
  • 子供向け大規模イベントのスタッフとして同行

 

こうやって地方を回る良さは、

  • ご当地の料理を食べられること
  • 新幹線や飛行機をタダで利用できること
  • 時間があればついでに観光できる

 

さらに地元の方と触れ合える良さもあります。

週末は福岡に出張で帰ってきたら次は札幌に出張。なんてこともあるかもしれません。

イベントの多さは関東が群を抜いていますが、地方都市でも働ける可能性があるのでアンテナを張ってみるのもありですよ。

 

 

 

 

地方イベントの発展系 リゾートバイトもおススメ

resort-work-love

 

リゾートバイトという名前を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

1ヶ月前後の短期から半年ほどの長期までリゾート地で泊まり込みで働くお仕事がリゾートバイトです。

現地の方と共に働き寮費・光熱費など無料のところもあるため貯金ができるのが特徴です。

また休日はリゾートを満喫でき海やプール・スキー場で楽しむことができます。

出会いが多いのも特徴で20代の若い人を中心に人気のアルバイトです。

学生は夏休みや卒業前の冬に、社会人は退職後の空白期間におススメのバイトです。

 

【リゾートバイトの仕事例】

海水浴場で海の家の運営・プール監視員・ホテルのフロント・レストランでの勤務・旅館で接客・スキー場でリフト運営など

>>アルバイトEXでリゾートバイトを探す

 

 

 

まだまだある!イベントスタッフの楽しみ方

 

 

未発売、未発表のものにいち早く触れられる

CM発表会や最新技術の展示会、ゲームショー、モーターショーなどで働くとそういったことがよくあります。
その道で有名な方が来られることもあるので話せるチャンスもあるかもしれません。

 

 

 

覚えてもらえる

イベントの仕事は毎日違う方と働くことが多いですが、段々自分と合う仕事が分かってきます。
そうなると一緒に働く人ができ、名前を覚えられ、もしかすると気に入って優先して仕事をもらえるかもしれませんよ。

特に大元のクライアントさんに覚えれもらえれば、あなたの信用も増し、今後もお仕事を紹介してもらえるかもしれません。

自分の好きな分野に関われて、信頼してもらい仕事ができたら嬉しいですよね。

 

 

 

貪欲に行くだけ道は開けやすい

イベントの会社は横のつながりも大きいですがパイはほとんど変わりません。

ということは、どこかの会社が仕事を多く得れば他の会社は仕事が減っているのです。

イベントの世界も競争社会なんです。

つまり、奪い奪われの要素も大きい為、あなたが頑張って仕事で結果と信用を得ればどんどん良い条件の仕事が来ると思います。

ヘッドハンティングもありえますよ。

好きな分野で働き信用も得て収入も上がれば最高ですね。

そういった楽しみもイベントで働く醍醐味のひとつです。

 

 

 

出会いが多い

ご紹介しているようにイベントスタッフは学生を中心に20代が多く働いています。

そのため積極的に行動する人も多く、一緒の仕事仲間から恋に発展することも多くあります。

またお仕事の社員を通じて就職したり、イベント専門のスタッフとして活躍することもあり、出会いによって生き方が大きく変わることも。

普段出会いが少ない・イベントごとに縁がないという人ほどやってみてほしいお仕事です。

>>アルバイトEXでイベントバイトを探す

 

 

 

終わりに 今しかできない楽しい思い出をつくろう

woman-winter5

 

いかがだったでしょうか、イベントスタッフのやりがい・楽しさが伝わったでしょうか。

大切なのはどんな仕事でも続けていくことです。

続けていくからこそ本当の楽しさが分かる事もありますし、仲間も広がって行きます。

学生の方は思い出作りだけでなく社会勉強の一環として取り組めますし、行きたい業界に絡むお仕事ができることもあるかもしれません。

副業の方はいつもとは違う業界で働くことで気分転換や新しい視野が開けるかもしれません。

自分の幅を広げるためにもイベントスタッフをぜひ有効利用してください。

 

 

 

イベントバイト探しなら20社以上から一括検索「アルバイトEX」

イベントスタッフを始めるにはイベント会社(派遣)へ登録する必要があります。

バイト・派遣会社選びは、大手求人サイト20社以上から一括検索できるアルバイトEXがおススメです。

>>アルバイトEXで求人を探す

 

またイベントスタッフのイメージが湧いたところで次は具体的なお仕事を探してみませんか?

下記ページではイベントスタッフの更なる特徴や具体的なお仕事内容をご紹介しています。

ぜひ参考にして下さい。

>>イベントスタッフがおすすめの10の理由

 

【具体的な仕事内容】

コンサートスタッフのお仕事内容と体験談

展示会のイベントスタッフのお仕事内容と体験談

サンプリングスタッフのお仕事内容と体験談

フジテレビのイベントスタッフのお仕事内容と体験談

住宅展示場のイベントスタッフのお仕事内容と体験談

女性におすすめの単発から働けるイベントスタッフ

 

本日もご覧頂きありがとうございました。