私は2016年冬~2017年春まで北海道のスキー場で働いていました。

初めてのリゾートバイトで色々不安のなか、ネットで口コミを調べたり派遣会社の方とやり取りしながら決めました。

 

これからリゾバをやりたい!けれど何から始めれば不安・・という方のために少しでも私の経験が役に立てばと思います。

今回はその経験談の中から、仕事を決め、実際に現地に入るまでをご紹介します!

 

スポンサーリンク

そもそもリゾートバイトって?

resort-work-image

著作者:John Revo Puno

 

 

私も初め、あまりよく分かってなくて、なんとなく「リゾート地に住みながら、仕事と遊びを両立するのかな」と思ってました。

沖縄だったら綺麗な海を見ながら仕事をし、休憩時間や休日に海で泳げたら最高だなー。

 

また、「どんなと人たちと一緒に働くのか」、楽しそうだけど「ホントに楽しめるの?」など。

考えれば考えるほど、多くの疑問がありますよね。

 

そこで、私が利用した株式会社アプリのページから色々見てみましょう。

こちらがアプリのホームページです。

 

apuri-hataraku

はたらくどっとこむ(アプリ)

このサイトを使って、実際に勤務先を探していました。

さっそく、リゾートバイトについての説明を見てみましょう。

 

リゾートバイトとは、全国にあるリゾート地のホテルや旅館、海、スキー場やテーマパークで住み込みで働くお仕事です。

 

ふむふむ。思った通りです。

全国というのが夢がありますね。

 

では働くことで、どういった事が得られるのでしょうか。

 

一生の友と出会える!一生の思い出ができる!!

寮での共同生活で起こる楽しいハプニングや、友情が一生の思い出を作ってくれます。またスタッフは日本全国から集まるので、遠く離れた土地に大親友が出来るかも!『出会ったのは沖縄だけど、リゾートバイト卒業後も1年に1回は東京でみんな集まるんですよ!!』なんてスタッフさんも多いですヨ。

 

寮の共同生活で濃い関係が作れそうですね。

全国にいる友達ができたら楽しそうです。

泊まりに行って、ご当地の美味しい食べ物とか頂いたり・・(笑)

 

貯金ができる!!

寮費、光熱費、食費が無料なので出費が少なく貯金しやすい環境です。『貯金して留学へ!』『学費を貯めて専門学校へ!』なんて夢を叶えた先輩スタッフもたくさんいます。※スタッフ登録やお仕事探しなどに一切費用は発生いたしません。

 

貯金ができるのは嬉しいです。

というより、それが目的の人も多いのでは。

あらゆる費用が無料なら嬉しい限りです!

 

自分磨きができる!!

『世界遺産を堪能した』『接客マナーが身についた』『ダイビングの資格を取った』『沖縄で三線を覚えた』『本格的な登山を経験した』『スノボがうまくなった』『人としての幅が広がった気がする』・・・見知らぬ土地での経験が、アナタの魅力を磨き上げます。

 

知らない土地、環境で働くことで経験値が増しそうですね。

リゾート地に詳しくなって友達に自慢できるかもしれません。

 

 

良いことばかり書いている。・・けど本当!?

thinking-resort-work

著作者:Pete Souza

 

 

なんだか行ってみたくなるワクワクする内容ですね(笑)

さて、実際はどうなんでしょう。

 

私の実体験から言わせてもらえば「おおむねその通り」です。

 

ここでしか会えない仲間と間違いなく出会える!一生の思い出にもなりそう

 

リゾバでしか会わなかったであろう人」と一緒に働き遊び飲んで、「リゾート地でしか体験できない仕事」ができ、仕事や環境によっては新しいスキルが身に付くのは間違いありません。

 

もちろん今まで経験している仕事内容ならそこまでスキルは伸びないかもしれませんが。
あくまでバイトですからね。

 

 

普通に暮らせば貯金ができる!!

 

貯金については、「その人の過ごし方次第」が大きいですね。

しかし、普通に過ごせば貯まりますよ。

私は4ヶ月で20万円くらい貯まったと思います。

これでもかなり少ない方です。

 

また「寮費、光熱費、食費が無料」は勤務先によります。

私が働いた北海道(キロロ)でのリフトの仕事は、光熱費は無料、寮費と食費は有料でした。

 

【補足】

同じ勤務先・仕事でも「派遣会社」で待遇が異なる場合があります。

 

 

自分磨きは心がけ次第!

 

知識や経験は自然と上がります。

しかし、人としても成長は、やはり心がけ次第だと思います。

様々な仲間に揉まれて「新しい考え・価値観」を受け入れられる人もいれば、「自分の価値観」に閉じこもってしまう人もいます。

 

マジメになっちゃいましたが、とにかく「あるもの全てを吸収する」つもりで過ごせば自分磨きなんて簡単にできますよ!

 

resort-image-sky2

 

だいたいのイメージはできたでしょうか?

では実際に仕事を探したいとき、どうやって調べるか気になりますよね。

ここからは「仕事の探し方」を見ていきます。

 

 

リゾートバイトの仕事探し

resort-work-search

著作者:wilofcom

 

 

リゾバへの仕事の就き方は色々あると思いますが、私が知ってる探し方はこの3つです。

  1. リゾート会社を探して直接やり取り
  2. 派遣会社を通して探す
  3. 知人の紹介から探す

 

1.勤務地のリゾート会社と直接やり取りをして仕事に就く

 

主に直接雇用と言われます。リゾート会社のホームページから募集要項へアクセスし、自ら連絡して採用されるパターンです。

会社の方と親しくなりやすい反面、時給は派遣会社を通した時よりも少し低くなる傾向があります。

また以前は直接雇用からリゾバをする人が多かったのですが、最近は派遣会社を通す人が増えています。

 

 

2.派遣会社を通してリゾート地で仕事に就く

 

実際に私が利用した方法です。

リゾバの派遣会社も多くあり、それぞれの会社をよく比べて選ぶ必要があります。

ネットの口コミを参考にしたり、実際に登録をしてみて信頼できる会社か確かめてから仕事を決めた方がよいです。

 

 

3.現地の方や知り合いの紹介でリゾート地で仕事に就く

 

知り合いにリゾバ経験者がいれば、その方からお仕事を紹介してもらうのも良いでしょう。

やはり信頼度が違いますし、給料面を含めた待遇が良かったり、融通が利く場合があります。

ただし、すべて相手に任せてしまうと「思ったのと違う!」というトラブルになりかねません。

働くのはあなたです。最後まで納得のいくリゾバができるように詳しく情報を聞きましょう。

 

 

未経験で不安な方は、派遣会社を利用してみましょう!

 

もし、「何も分からず不安」という方は「派遣会社」を利用することをおススメします。

 

私も派遣会社を利用してリゾバを始めました。

一番の決め手は、リゾートバイトに詳しい会社が電話やメールで相談に乗ってくれますし、現地までの行き方持ち物・何かあった際のサポートをしてくれます。

 

実際初めてのリゾバなので相談もできでよかったです。おススメですよ。

 

 

次はいよいよ仕事を決めるところまで見てみましょう。

なお私が利用した派遣会社の例で進めていきます。

 

 

勤務地を決める

 

 

派遣会社を利用することを決めたら、次は働く場所と仕事。

仕事先は沖縄から北海道までほぼ全国あり、ホテル・旅館・遊園地・プール・スキー場などたくさん!

 

正直かなり迷いました。

しかし私が探したのは11月。

時期的にも遊園地や沖縄はちょっと違うかな・・と思い、せっかくだから!と、冬がシーズンのスキー場に決めました。

 

しかしスキー場もいっぱいあり(笑)ここでさらに迷いました。

本場は北海道でしょう!と思い北海度に決め、派遣会社のサイトから求人を見てある程度絞り、派遣会社と電話とメールでやり取りを重ね決定しました。

 

その後、私が重要視したのは「環境」でした。

 

 

まずは勤務地の環境を知ろう!

 

私は以下の条件を優先して考えました。

  • リピーターばかりの職場ではなく、未経験でも馴染めそうか
  • 車が無くても、休日に買い物や観光へ行けるか
  • 寮は個室か、近くに気分転換できそうな場所はあるか

 

「時給」や「諸費用」はその後詰めました。

どんなに時給が高くても、仕事・環境が合わず、すぐ辞めてしまっては意味がないですし。

どうせなら、「これならできそう!」と思えるところで働きたいですよね。

 

私は一応、「北海道」で絞りましたが、同じ条件があるなら本州も選択肢に入れてました。

ちなみに、「キロロリゾート」は条件に合っていた為、今回選びました。

 

派遣会社の登録方法

 

ある程度どんな場所で働くかイメージがついたら、派遣会社に登録しましょう。

まずは会社のHPにアクセスして、「登録」場所を探してメールを送って下さい。

もちろん、登録は無料ですし、仕事を応募しても費用は掛かりません

 

登録の申請をすると具体的な手続きに移りますが、会社によって少し方法が違います。

 

私が利用した派遣会社「アプリ」は、直接会社へ行く必要はなく、メール・電話のやり取りの後に送られてくる、「書類」を記入すれば完了でした。

(※勤務先を決めてなくても登録には書類記入など必要です。)

 

 

登録のタイミングは?

 

登録の申請から勤務先の決定まで、最短で一週間くらい掛かります。

それを考慮して、「働きたい日」から1ヶ月前には登録しておいた方がいいでしょう。

 

勤務地が決まっても、現地で必要な物を調べる・買う時間や、引っ越し手続きなど準備期間が必要です。

 

※私は勤務開始9日前に仕事場所を決めたので、その後かなり「バタバタ」しました。

 

 

【補足】現地の情報は自分でも調べましょう

 

勤務先との詳しいやり取りは、派遣会社がやってくれます。

 

ただし、派遣会社が募集している「条件・環境」が、実際の勤務地では少し違うこともあるので、担当者へのヒアリングや、ネットを使って自力で調べるのが無難です。

 

私も「寮内で火(カセットコントなど)が使える」と聞いたのですが、実際は使えませんでした(泣)

 

すべて正確な情報は期待できないことが多いです。

できればネットなどを使って現地情報をくまなく調べるほうがよいでしょう。

 

もしキロロの情報が気になる方は、このブログでもご紹介していますので、参考にしてください。

 

現地で必要な物を準備。移動方法・スケジュールの確認

planning-travel

作者:djandyw.com

 

 

「勤務地・仕事」が決まればいよいよ現地への準備作業です。

派遣会社から勤務決定の連絡が来ると、「移動手段」や「いつ現地に入るか?

そして「必要な物」の確認や「契約」・・など具体的な流れに入っていきます。

 

[勤務決定から現地までの流れ(私の例)]

仕事開始 9日前:勤務地決定

  〃  7~6日前:派遣会社から契約書などの書類が送られる(勤務地の詳細情報含め)

  〃  9~4日前:引っ越しの手続き(ライフラインに事前連絡など)、飛行機・ホテルの予約

  〃  3日前:現地へ持って行く荷物を郵送(寮宛)

  〃  2日前:東京 ⇒ 札幌へ移動、ホテルで一泊

  〃  前日:現地へ移動、「勤務&入寮」手続き ⇒ 寮へ

 

勤務決定2~3日後に派遣会社から勤務地の詳細情報や契約書、そして当日の合流手段や持ち物が書いてある書類が郵送されます。

このときに仕事に就くまでに必要なことをまとめて確認しておきました。

 

そして働く2日前に東京から飛行機で新千歳空港へ向かい、札幌で一泊してから現地(キロロリゾート)入りしました。

このとき、飛行機の予約泊まるところは、派遣会社が代わりに予約してくれる場合もあります
私は自分でやりたかったので頼みませんでした。

 

現地へは、小樽からバスが出ていたのでそのバスに乗りキロロへ。

現地到着後は、最初に手続きを行いますので印鑑が必要になりました。

 

また、私のところは特に必要ありませんでしたが、念のため本人確認できるように保険証・運転免許証は持っていきましょう。

(ケガなどで病院のお世話になる場合や、車を運転する事もあるかもしれません)

 

このへんも派遣会社とのやり取りや書類で準備済みでした。

現地入りしてからはそのまま現地のリゾート会社の指示のもと動きます。

 

 

勤務先では「立場」に気をつけよう

 

ここで気をつけたいのは仕事先自分の関係です。

[3者の関係性]

リゾート会社」←(人材派遣)←「派遣会社」←(雇用先)←「あなた

 

あなたの雇用先は、あくまで派遣会社です。

仕事の「報告・連絡・相談」など日々の仕事関係はリゾート会社とやり取りし、
給料の相談や勤務環境のクレームや意見などは派遣会社と話します。

もちろんケースバイケースの部分もありますが、この辺りが派遣会社を通して「ややこしい」ところでもあります。

 

リゾート会社から直接お仕事をもらっている訳じゃないので、ちょっと気を使うんですよね。(その反面、時給は派遣の方が高かったりします)

この辺りはまた別のときにお話しします。

 

 

おわりに 早めに動いて、良い勤務地を見つけましょう!

resort-advance

著作者:Zach Dischner

 

 

いかがだったでしょうか?

大まかな流れは他の会社でも変わらないと思います。

 

リゾバの準備は早いに越したことはありません。

まずは下調べをして、自分が気になる環境・仕事があるか探してみましょう!

 

余談ですが、私が12月初めに行ったキロロは、スキー場がオープンしたばかりで、20人以上の同期がいたのでワイワイと始められました!

初のリゾバ、ドキドキとワクワクが混ざって緊張してましたね。

まあ、持ち込み過ぎた荷物の整理で初日は大変でしたが(笑)
(段ボール12箱も持ってきたので)

 

皆さんも「心配だから」と、持ち込み過ぎないように気をつけてください。

寮長に笑われますよ(笑)

 

本日もご覧頂き、ありがとうございました。



 

この記事をシェア・ツイートして頂けると嬉しいです。