Curry-bread

 

カレーパンが大好きな方には待ち望んだイベントが始まります!

2018年1月27日と28日の2日間、神戸にて『神戸カレーパンマルシェ2018』が開催されます!

なんと3,000個のカレーパンが登場!

初めて関西での開催だそうで、今回は大丸神戸店別館ジーニアスギャラリーにて行います。

現在どんなカレーパンが登場するか公式HPで確認はできませんが、過去に開催して「カレーパン博覧会」では150種類のカレーパンが登場したので、もしかするとそれに匹敵する種類のカレーパンが食べられるかもしれません!

ここでは『神戸カレーパンマルシェ2018』の内容と開催のキッカケなどご紹介します。

 

 

 神戸カレーパンマルシェ2018とは

『神戸カレーパンマルシェ2018』は日本カレーパン協会が主催します。

そんな協会があったんですね、初めて知りました。

日本カレーパン協会は、カレーパンを通じて地球に住むすべての人を笑顔にするために存在し、『私たち日本カレーパン協会は、争い・孤独・貧困など、あらゆる問題をやさしくカレーパンに包み込み、国内はもとより世界中の人々とカレーパンを通じて連帯し、笑顔あふれる平和な世の中を創造します。』

とのこと。

カレーパンを通じて世界平和を想像する・・なんかいい話です。

そんな日本カレーパン協会が主催する『神戸カレーパンマルシェ2018』は、2018年1月27・28日の2日間、大丸神戸店別館ジーニアスギャラリーで開催されます。
入場料は無料で、カレーパンは1個390円とやや高め。

どうして390円という値段設定で3,000個なのでしょうか。

 

 

「ad」

神戸で開催の理由は「カレーパンで地球・全員・笑顔」

神戸での開催は実は様々な葛藤があったようです。

  • 神戸という街は、パン消費量日本第2位の兵庫神戸はパンにこだわりがあり舌の肥えた方がいるというハードル
  • 東京近郊以外など、開催地を多様にすることで輸送コストや人の手配、カレーパンの品質管理など、様々な問題
  • 「カレーパンだけを集めたイベントというものを受け入れてもらえるのかという心配」とも「恐怖」とも取れる不安な気持ち。

など現実的なコストや舌の肥えた神戸の皆さんを満足させられるか不安・恐怖の気持ちもあったよう。

ですが、日本カレーパン協会の目指す「カレーパンで地球・全員・笑顔」の為、パンにひとかたならぬ愛情を注いでいる神戸や関西の方たちに、普段なかなか食べることができないパンを食べてもらいたいとチャレンジを決意。

開催までの理由が並々ならぬ情熱を感じます。

そこまで覚悟があると、ちょっと気になって行きたくなります。

 

過去にはこういったイベントも。

 

 

なぜカレーパンが3,000個なのか?

この理由は、日本カレーパン協会がWEB上で実施しているカレーパン検定の合格者である『協会員(カレーパンタジスタ)』が3,000名を超えたからのようです。

カレーパン検定!またまた初めての事実を知りました。あるんですね。

とは言え3,000名を超えたから3,000個。

ベタな感じもありますが、仲間が3,000名を超えての「嬉しい気持ちや感謝の気持ち」も込めて、参加してくださったカレーパン好きな人たちとより楽しめるのではないかと考えてたようです。

 

 

 

なぜ390円で販売?

もう一つ気になる390円ですが、先程の日本カレーパン協会の『協会員(カレーパンタジスタ)』が3,000名を超えた話がありますが、感謝の気持ちは英語で Thank you.

そしてこの気持ちを価格の中にも入れて表したかったとのことです。

390円でサンキューということですね。

ちなみにカレーパン検定合格者であるカレーパンタジスタには、二重の感謝を込めて20(二重)円を引いた370円で提供する予定だそうです。

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

『神戸カレーパンマルシェ2018』のポイントはこちらです。

  1. 2018年1月27・28日の2日間、大丸神戸店別館ジーニアスギャラリーで開催
  2. 入場は無料で、カレーパンは3,000個用意、1個390円。(カレーパン検定合格者は20円引き)
  3. 神戸での開催は舌の肥えた方が満足できるかチャレンジもあったが世界をカレーパンで平和にするため決意
  4. カレーパンの個数と金額設定は『協会員(カレーパンタジスタ)』が3,000名を超え、感謝のサンキュー(390円)を表すため

ぜひ神戸近郊にお住まいのカレーパン好きな方は立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

きっとカレーパン愛が楽しめるイベントになるでしょう☆

 

本日もご覧頂きありがとうございました。

 

スポンサーリンク