uber-eats

 

こんにちは、くにぞーです。
今回は最近始めたウーバーイーツ配達について、やってみた感想(苦労・やりがいなど)をご紹介します。

ウーバーの配達に興味がある・これからやってみたいという方の参考になれば幸いです。

また今後も配達に関する記事を作ろうと思うので、気になることなどあれば、ぜひコメント下さい☆

 

ウーバーイーツ配達のきっかけと目的

私がウーバーイーツの配達を始めたキッカケは、コロナ禍で仕事探しが難しくなったことが主な要因です。

元々イベントの仕事をしていて、それが嫌にったことや新しいことを始めたい気持ちもあり色々と重なりました。

コロナ禍であれば、配達の需要も高そうで、そこそこ稼げるのかな・・?と思いました。

 

ウーバーでの目的

一番は新しい収入の確保

そして1日を稼働時間とそれ以外の時間で効率的に生活するのが目的です。

 

稼働以外の時間にやりたいことは色々とあるのですが、まずはウーバーを続けられるかがカギです(笑)。

収入がウーバー頼りになるので安定しないといけない。

でも何となく配達に飽きるだろうな、と感じていました。

飽きるからやらないというのは論外なのですが、素直に続ける為に向き合わないと、と感じてます。

 

まずは月10万円稼げるか。

そこからどれだけ増やして毎月安定できるか。

後はこの経験で成長できることが欲しいですね。

 

 

スポンサーリンク

 

ウーバーのメリット・デメリット

新しい収入源として始めたウーバー配達。

2020年9月から少しづつ稼働して気づいたことを「収入」「やりがい」「悩みどころ」について書いてみます。

 

収入

1回の配達で得られる収入はだいたい400~500円ほどです。

(神奈川と東京で稼働した感覚です)

またクエストという稼働条件を満たすとプラスでボーナスが貰えるシステムでもう少し貰えます。

収入は、1週間で最大3万円ちょっとが今の実力です。

単純に毎日20件(10時間くらい?)稼働できれば1日1万円も可能だと感じてます。

月20万円くらい行ければ、頑張ったーと言えそうな気がしてます。

 

やりがい

個人的には正直、あまり感じてません。

やらなくても他に配達員はいますし、お店からお客様のところへ運ぶだけで終わるので自転車移動の疲労だけが残ります。

クエスト達成に向けて頑張ったり、雨の日にプチクエストで稼げるのは嬉しいのですが、まぁそんな大金になることもないので時間と金額を考えるとモチベーションは上がりません。

 

ちょっとネガティブな感想かもしれませんが、私がイベントの仕事をして為、人と触れ合って協力してやること多かったので孤独と単純作業の繰り返しにポカンと心に穴が開いたような気持ちです。

あくまで個人の感想なので、とてもやりがいを感じてる方もいると思いますが、私にはなかなか来るものがあります。

 

まだガッツリやり込むほどではないので、頑張るほど見える世界ややりがいもあるのかもしれませんが。

 

悩みどころ

やりがいでも話したように、一番は続けること、そのための目標の置き所です。

頑張っても一度の配達料金が上がることもないし、成長を感じることが少ない。

また社会との疎外感も大きいです。

個で活動し、コミュニケーションも限られるので「このまま続けてて良いのだろうか・・」と感じることも多いです。

また私は自転車を使っているので肉体的にどこまで持つのかというのも課題です。

風邪を引いたり、体調が悪いと全然稼働できなくなりますし、何年も続けることは考えにくいと感じてます。

 

これを踏まえて、以下にメリット・デメリットをまとめてみました。

 

メリット

・自分次第で働く時間を決められる

・どれくらい稼いだかすぐに分かり、振込も翌週とスピーディで嬉しい

・クエスト(プロモーション)を選択し、目標設定がしやすい

・参戦コスト(初期費用)が安い

 

メリットはやはり、やりたい時にできることです。

皆さんの生活リズムに合わせて週末だけ、夜だけなど空いてる時間に働くことができます。

また稼働するまでの初期費用が安く(自転車、スマホ、バッグがあればできる)、

1回の配達も最短20分前後で完了できます。

まずは大きく稼ぐよりも、空いた時間を有効活用する目的で始めるのがお勧めかと思います。

 

デメリット

・配達できる地域が限られる(サービスが都市部中心のため)

・タイミング次第では配達が来ない

・安定した収入にはそれなりに頑張らないといけない

・肉体的な疲労がきつい(自転車)

・良くも悪くも孤独で単純労働

・天候の影響をモロに受ける

 

一番のデメリットは不安定要素が多いことです。

当たり前ですが、時給ではないためどんな状況でも稼働しないとお金になりません。

また仕事柄、天候や注文者さんの影響をモロに受けます。

雨の日は注文が増えますが、その分動きにくく、また身体が濡れ風邪を引くリスクも上がります。

天気が良い日は稼働しやすいが注文が少なることもあります。

とても寒い日・暑い日なども同様にメリットやデメリットがあります。

毎日が異なる条件で働くため、それでも続ける慣れや習慣をつけることが必要です。

 

その他 配達して気づいたこと

 

世間からの目について

度々ニュースでもウーバー配達員が取り上げられています。

そのため、どうしても稼働中は目立っている印象があります。

私は今まで偏見や一方的な悪い対応をされたことはことはありませんが、

提携先(飲食店)の従業員の方が「今ウーバー配達員を個別に分かるように番号つけるかもしれないってねー」

など、こちらの話題を話している声も聞きました。

 

正直、問題があることは事実ですので、やっている以上噂されたり、良くない見方をされるのはしょうがないかな、と思ってます。

実際、(自転車配達員の話になりますが)交通ルールを守らない人は多いですし、周りに気を使わない人もいます。

もちろん一般の方でも危ない運転の方は多いですし、配達員だけの問題でもないとは思いますが・・

現状目立っている上に、問題が起きてることを考えると質を上げるために改善しないといけないのは間違いないです。

 

私も今までの何気ない自転車運転が危なかったと思うこともあり、交通ルールをより意識して運転するようになりました。

 

 

自転車で稼働する良さ・苦悩について

 

やりがい

・体を動かし、健康的
・自転車で駆け抜けると気持ち良い、景色が良い場所で思わず立ち止まる
・公園などで気軽に休憩できる(トイレにも行きやすい)
・小回りが利く

 

苦悩

・頑張りすぎると続けられない
・足と手首に疲労。思った以上に疲労の蓄積が抜けない
・歩道を走るか車道を行くか迷う
・交通ルールと効率さを天秤にかけてしまう

 

続けるために心がけていること

・早めの退散、休養を心がける
・メンタルコントロールに気を遣う

やる・やらないは自分次第なので、続ける為にも目標・目的を持つことが大切
できるなら、毎週・毎日の小さな目標を設けて、そのために頑張る!と思うことがやる気を引き出す

 

おわりに

以上がざっくりとウーバーイーツ配達をやってみた感想や実情でした。
せっかくなので、これからも様々な角度でウーバー配達について記事にしていこうと思います。
最後までご覧いただきありがとうございました!