no-money2

 

今回は「貯金をしたくても貯められない」、「しっかり計画通りに過ごしたはずなのに貯金ができない」人の共通する特徴をご紹介します。

実はこの「貯金が貯まらない」のは私です。

過去10年、東京に住みながらアルバイトや派遣をしながら生活し、今後の為にお金を貯めようと決心し、実行していました。

しかし、10年間で一番貯まった金額が「20万円」です。

引っ越しや旅行をしてしまえば、もう残金はありません。

 

現在宮崎の実家に移り、田舎生活を過ごす中で「どうして貯金ができなかったんだろう」と思うことがあります。

そこで気づいた自分の「浪費」を公開し、同じ思いをしている方にも何か参考になれば嬉しいです。

私も書くことによって、今後改善できることが目標です。

 

それではご覧ください。

 

 

貯金が貯まらない原因① 未来の収入を楽観視し過ぎている

 

あなたは自分の都合の良いように収支を決めていませんか?

ここでいう収支とは来月以降の「給料の収入」と、「光熱費」「交際費」「食費」などの「支出」です。

 

誤算はこの「収入」と「支出」の計算でした。

 

私は定職ではなかった為、毎月の収入がバラバラでした。

そこで、貯蓄計画を立てる時は「1ヶ月の平均収入」+「もうちょっと頑張って働く」=「来月以降の収入」

と予測していました。

 

例えば月20日働くのを「月21日」に増やそう、などですね。

つまり「貯金するために、きっと未来はいつもより頑張って働くから、多めに収入が入る」と思っていたんですね。

 

しかし実際は「仕事を選んで」しまったり「昨年より仕事量が減って働けない」など外部の要因で働けなかったり、「どうしても外せない用事が出来た」という理由を付けて「目標金額に届かない」ことがほとんどでした。

 

目標通りに収入が得られなかった原因は、「未来の収入」に対する認識と努力が足りなかったからです。

先ほどの「もうちょっと頑張る」事を甘くみていたのもありますし、

「本当に計画通りの収入が得られるのか」、「働く努力の為に何を削るのか」といった視点が足りてませんでした。

 

みなさんも同じように「貯金すると決めたんだから、きっと今よりも頑張って収入が上がる」と楽観視し過ぎてませんか?

 

スポンサーリンク

貯金が貯まらない原因② 支払いを分割している

 

大きい買い物をするときに役に立つ「クレジットカード」ですが、どのくらい利用していますか?

 

私は月に1度利用するか、しないかくらいの頻度でほとんど使っていませんでした。

しかし1度に使う金額が、収入に対する割合が大きく、収入の3分の1を使うことも多くありました。

 

そんな大金をボーナスも出ない私は一括で払えるほど余裕はありません。

そこで登場するのが「分割払い」です。

 

多くが3回払い、高価な物は10回払いも利用しました。

 

こうなると数ヶ月間の支出が増えます。

しかし、それを気にせず毎月の支出は変わらなかった為、予定よりもお金が貯まらず、むしろ「減っていく」傾向がほとんどでした。

 

本当にバカだな、と書きながら思いますが、「今お金が無くても買える」ことを可能にする「分割払い」は本当に便利です。

しかし「来月以降の収支の見通し」がないうちに利用してしまうと、困ったことになりかねません。

 

また怖いのが、中途半端な危機感で「分割払い」を乗り切ってしまうと、また「同じ過ち」を繰り返してしまうのです。

 

一度「これは危険だ」と思っても辞められない方はいませんか?

 

 

貯金が貯まらない原因③ 見栄を張って生活している

 

仕事で関わる人や街中を歩く人を観て「オシャレな服を着た人」や、「あんな人になりたい」と思うことはありませんか?

「テレビ」や「雑誌」、「SNS」もそうですが、自分にはないものを見ると、ついつい憧れてしまうこともあります。

 

私は「人は人、自分は自分」と思いながらも「どうせなら良い物がいい」と計画よりも高い買い物をしてしまったり、仲間との飲み会でケチケチするのを見せたくなくて、「多めにお金を出す」など、ついやってしまいます。

 

そうやって「収入に合わない」支出が増えていくと、あっという間にお金が無くなります。

 

「自分に合った金額で自分に投資している」と思っていても、実は「予算オーバー」をしていることはありませんか?

 

スポンサーリンク

終わりに 貯蓄が無いことに危機感を持つことが大切

 

以上3つの原因を見ていきましたが、当てはまるところはありましたか?

 

私が貯金できなかった原因を振り返ると、「結局、未来より今が大事」という意識が変わらなかったな、と気づきました。

それは今も変わりません、やっぱり今が大切です。

 

しかし「今を大事にする」ことと、「お金を積極的に使う」ことをイコールにしない方法を見つけることが必要だと感じました。

 

これから先、決して今の生活がずっと続けられるとは限りません。

突然の病気や怪我、仕事がなくなることもあるかもしれません。

 

この機会に、もう一度お金の使い道を考えてみませんか?

 

本日もご覧頂きありがとうございました。