chocolate

 

国内のチョコレート市場は、近年拡大し続けています。

その理由が『健康志向の高まり』です。

 

チョコレートの原料「カカオ」を多く含む商品や、乳酸菌などを含む商品の需要が伸び、

チョコレート市場は近年5年間で2割近く拡大しています

 

ではチョコレートにはどういった効果があるのでしょうか?

 

ここではチョコレートの効果成分のご紹介と、毎日手軽に取り入れられる、おすすめのチョコレート商品もご紹介します。

 

 

 

チョコレートの効能で注目したい「カカオポリフェノール」

チョコレートはお菓子!』というイメージがありますが、元々はカカオ豆をすりつぶした飲み物で、「薬」として使用されていた時代もありました。

つまり、昔から健康に良い物とされてきたんですね。

 

そして、これからご紹介する効能で大活躍するのが「カカオポリフェノール」です。

カカオポリフェノールとは、チョコレートの主な原料「カカオ豆」に含まれるポリフェノールのことです。

このポリフェノールは抗酸化物質とも呼ばれ、老化防止に効果のある成分として認められています。

 

このカカオポリフェノールが、たくさんの良い効果を生み出してくれますよ!

それでは具体的な効能を見ていきましょう。

 

 

 

効能① 血圧の低下

カカオ豆に含まれる「ポリフェノール」の働きによって、チョコレートを摂取した後に血圧が下がる、という研究結果が出ています。

これは「ポリフェノール」が、血管を広げ赤血球が通りやすくさせる働き(抗酸化作用)をするためです。

特に、高カカオチョコレート(カカオ分が70%以上のもの)は、「血圧が高めな人ほど低下量が大きかった」という報告も。

NIKKEI STYLEより)

 

「チョコレート」と聞くと血圧を上げそうなイメージ(糖質を含む→上がる?)がありますが、本当は逆なんですね。

 

 

 

効能② ストレスの軽減 & 動脈硬化のリスクを下げる

カカオポリフェノールが、心理的・肉体的ストレスが溜まると増える「酸化ストレス」を低下させる効果があります。

つまりストレスを溜めこまないように作用してくれる訳ですね

 

同様にカカオポリフェノールには、血中のタンパク質を低下させる働きがあります。

このたんぱく質が増えると動脈硬化の危険性があるため、結果として動脈硬化のリスクを下げる働きをしてくれます

ちなみに、血液中のタンパク質は以下のことで増加するようです。

 

怪我や風邪、感染症をはじめ、さまざまな炎症性疾患が原因で、体の組織で炎症が起こる

血液中にタンパク質が放出される

 

 

 

 

効能③ 便通の改善

カカオ豆に含まれるタンパク質「カカオプロテイン」には、腸内環境を改善する効果があります。

 

【腸内環境を改善する仕組み】

カカオプロテインが「乳酸菌」、「ビフィズス菌」と並ぶ「腸内善玉菌(フィーカリバクテリウム)」を増やす

腸内善玉菌(フィーカリバクテリウム)は、「便通を促す酪酸」をたくさん生み出す

便通が改善される

 

このカカオプロテインが善玉菌を増やす働きによって、便通の改善につながる効果があります。

長寿の人の腸内には、このような酪酸を産みだす生菌が多いこともわかっています。

 

 

 

効能④ 脳機能の向上

イタリアにある「ラクイラ大学」の研究論文によると、カカオを含む食品を毎日摂取することで、注意力・理解力・記憶力・語彙力などがアップするとの報告があります。

つまり脳機能の向上にも役立つんですね!

 

過去のカカオに関する研究と最新の調査によって、ダークチョコレートを含むチョコレートやチョコレート菓子が脳の機能向上に役立つことがわかったのだという。

具体的な効能としては、カカオ関連食品を毎日適量摂取することで、注意力、理解力、記憶力、語彙力がアップするらしい。

引用:GOURET ELLE

 

 

スポンサーリンク

 

食べ過ぎ注意。チョコレートにはデメリットも・・・

これだけたくさんの効能があると

チョコレートさん、最高かよ

と褒めたくなりますが、やはりデメリットもあります。

 

それは、

  1. 甘いチョコには、悪玉コレステロールが含まれている為、アレルギーやアトピー性皮膚炎などの病気を引き起こす原因になる
  2. 食べ過ぎは肥満やカロリーの多量摂取などの原因になる

 

つまり、ただ闇雲にチョコレートを食べればよい、というわけではないんですね。

 

ではどんなチョコレートを選べばよいか。

そのポイントは、糖質が少なく、カカオポリフェノールを多く含む食品です。

 

 

 

カカオポリフェノールを多く含む食品とは

その第一候補が「チョコレート効果」です。

チョコレート効果は、カカオポリフェノールが70%以上も含まれた商品で、「チョコレート効果72%」に含まれるカカオポリフェノール含有量は、標準チョコレートの2倍以上です。

さらに、糖質も一般的なチョコレートの3分の2と健康的な商品です。

 

【参考:チョコレート 5g当たりの糖質】

・一般的なミルクチョコレート 2.6g

・チョコレート効果72% 1.7g

・チョコレート効果86% 1.05g

・チョコレート効果95% 0.68g

 

「チョコレート効果」は1998年に発売され、今年で21年を迎えるロングセラー商品で、今なお売れ続けている人気商品です!

 

 

 

高カカオポリフェノールを食べる際の注意

実は、高カカオポリフェノールの商品は「苦い」という特徴があります。

これはチョコレートの元であるカカオの種が苦いためです。

 

一般的な甘いチョコレートは、バターやミルク・砂糖などを混ぜて販売されています。

しかし、高カカオポリフェノールのチョコレートは、名前の通りカカオポリフェノールをたくさん含むため、余分な成分を減らしてあります

そのため、本来の苦いチョコレートに近い味付けになっているのです。

 

初めてポリフェノールが多く入ったチョコレートを食べる方は、

「あれ?チョコなのに甘くない!」

「・・正直、美味しくない」

と感じる事もあるかもしれませんが、こればかりはしょうがないのです。

反対に、ちょっと苦い方がしっくり来てハマる方もいるので、段々と好きになっていくかもしれませんよ。

健康を考えるチョコレート」という位置づけで食べてみてはいかがでしょうか。

 

それでは高カカオポリフェノールの特徴を踏まえて、おすすめの商品をご紹介します!

 

 

 

明治 チョコレート効果カカオ

 

チョコレート効果カカオ95%

まずは、「カカオの種をそのまま食べている」と言っても過言ではない、95%のカカオポリフェノールが含まれたチョコレートです。

ポリフェノールの量も、板チョコ1枚でなんと174mg含まれ、糖質はたったの7.0g。

 

美味しい、とかの問題ではなく、健康の為・ダイエットの為に!とサプリメントとして食べる大人気のチョコレートです。

これをマスターすればチョコに怖いものなしですね。

毎日食べると苦味が癖になるかもしれません!

最強な高カカオを楽しみたい方はこちらがおすすめです。

 

 

 

 

チョコレート効果カカオ86%

 

続いては、95%よりは食べやすくなった、ポリフェノール86%のチョコレートです。

そうは言っても、やっぱり苦い、けど食べやすさを考えたい方はこちらがおすすめです。

慣れてくるとほんのり甘さとカカオのコクが良い感じです。

ポリフェノールも136mg含まれ、一日で必要な量は十分カバーできます。

 

 

 

 

チョコレート効果カカオ72%

最後がこちら。

チョコレート効果の中でも一番人気なのがカカオポリフェノール72%入りの商品です。

ほんのりとした甘さがあるので、初めて高カカオ入りを食べる方も比較的食べやすい味です。

 

リピーターには、糖分摂取としてビターチョコをつまむ感じで丁度いい、という方もいらっしゃいます。

ポリフェノールはmg入っており、普通のチョコレートより体に良く、糖質も半分以下に抑えられるバランスの良い商品です。

 

普段から甘い物が止まらない方は、72%のチョコレート効果も取り入れみてはいかがでしょうか。

 

 

 

まとめて買いたい!という方へ大容量パック

定期的に食べるものだから、まとめて買いたい!

という方は、「チョコレート効果72% 1kg」と、カカオポリフェノール70%以上の商品を集めた「12種類お試しセット」がおすすめです!

 

 

 

 

 

チョコレートを食べる際の気になるポイント

最後に、チョコレートを食べる時に気になるポイントを集めてみました。

 

 

ポリフェノール1日摂取量の目安は?

生活習慣病の改善などの健康効果を期待するには、1日に200~500mgぐらいのカカオポリフェノールを、毎日、何回かに分けて摂取することがおすすめされています。

日本チョコレートココア協会より)

 

チョコ板の枚数だと、目安は1日3~5枚程度がおススメです。

初めて食した時に、苦味や濃さを感じる方は、まず2枚程度からスタートさせ少しずつ慣らしていくのが良いようです。

 

【参考】

標準チョコレートのカカオポリフェノール含有量は100gあたり750mg。

チョコレート効果72%に含まれるカカオポリフェノール含有量は2倍以上です。

 

 

 

カカオポリフェノールは体内に留まらない!毎日、コツコツ習慣化へつなげることが大切

 

とても体に良いカカオポリフェノールですが、実は体内にとどめておくことができません

たくさん摂取しても排出されてしまいます。

それゆえ、必要な分だけ毎日、コツコツと食べて、習慣化へつなげることが大切です。

チョコレートはそのまま食べる以外にも、料理の隠し味としても使えるので、工夫して毎日取るようにしましょう。

 

 

 

 

おわりに

いかがだったでしょうか。

チョコレートには良い効能がたくさんあります。

ちょっとした隙間時間や休憩などに、一口チョコレートを食べてみるのはいかがでしょうか。

ぜひ毎日の健康の為に召し上がってみてください。

 

本日もご覧頂きありがとうございました。

 

スポンサーリンク