REVERIE&DAYDREAMS

 

成功者失敗者は何が違うのでしょうか。

どうせなら成功者としてお金もあり、裕福な生活がしたい。

自分が追いつめられるほど、そう考えることはありませんか?

 

私も毎月の収支ばかり気にして、ゆったりとこの先の人生を考えることができませんでした。

「もしかして私は失敗者で、もうお金持ちや出世した人の生き方はできないのか。」

「このまま何も成功しないまま年を重ねていく。もう何からやればいいか分からない・・。」

「いっそ努力とか前向きに頑張ること辞めていいかな・・」

 

手詰まり感が頭を支配し、どうして良いか分からない時がありました。

そんな時に見つけた本が「MINDSET(マインドセット)」です。

 

この本を読んで、これからもコツコツと頑張ろう変わり続けることは今からでも遅くない、と思えるようになりました。

そしてまず変えるのは習慣でも環境でもなく「心のあり方」なんだと、学びました。

 

今回は「心のあり方」変え、成功者の道しるべを見つける方法をご紹介します。

 

スポンサーリンク

マインドセット = 心のあり方


この本は「スタンフォード大学心理学教授:キャロル・S・ドゥエック著」で、2016年1月に発売されました。

 

内容紹介

スタンフォード大学発の世界的ベストセラー! !

学業・ビジネス・スポーツ・恋愛・人間関係……、成功と失敗、勝ち負けは、“マインドセット”で決まる。

20年以上の膨大な調査から生まれた、「成功心理学」の古典的名著、増補改訂により新登場! 同じような能力でも、一度の失敗で「もうダメだ」と落ちこむ人と何が失敗の原因かを考える人がいる。

問題がむずかしいとやりたがらない子、むずかしい問題ほど目を輝かせる子がいる。

それらの違いは、 どこからくるのか?

能力や才能は生まれつきではないことを20年間の調査で実証した正真正銘の “成功者たちの心理学”。

 

なぜこの本にたどり着いたか。

 

それは「気持ちが乗っていない時や前向きでない時」のことです。

どうして成功者や結果を出している人は、苦しいときも困難に負けずやり切れるのか。

そのまま落ちていく人がいる一方、結果を出す人はめげずに取り組む・・その違いを考えたのがキッカケです。

 

ネットでこういった祭の「気持ちの変化とその後の結果」について検索し、解決に導いてくれそうな本をいくつか見つけ、書店へ行きました。

そして出会った本が「MINDSET」でした。

 

この本では「マインドセット = 心のあり方」と表し、「マインドセットが自身の可能性の引き出し方を決めている」と言っています。

 

内容は専門的な話なのかな、と思ったのですが日常のたとえで具体的に説明し、

誰でも能力って発揮できるの?環境は関係あるの?

などふと疑問に思うことにも言及し、説明してくれます。

 

この本で学んだことの一つは、「今まで生きてきた環境や決断が徐々に固定の信念を植え付け、今の自分を形作っている」とハッキリ気づけたこと。

「成功者」や「失敗者」と考えるのも、実は人と比較してしまい、実際に成功、結果を出すための考え方をしていない可能性があると分かりました。

 

読み終えて2ヵ月が経ちますが、心に植え付けるために、気持ちが落ち込んだり、習慣がぶれそうになった時に読み返しています。

 

 

他人の全てをマネせず、自分も活かす

 

私は今まで『7つの習慣(スティーブン・R・コヴィー著)』や本田圭佑選手、イチロー選手、長谷部誠選手など、自分が尊敬する人の本を読み、生活習慣や考え方をマネしようと取り組みました。

 

しかし結局は気持ちがついていかず、最後まで続きません。

誰かの思考・習慣を鵜呑みにしている

それは本当の自分じゃないのではないか、と考えてしまいました。

 

毎日じゃなければ続けられるんですが、それだと一向に先へ進めない。

その繰り返しでした。

今も取り組んでいる途中ですが、自分の信念のクセを意識して変えていく努力をすれば、それを積み上げていけば結果がでるんじゃないかと、確信はないですがそう思えるようになりました。

 

MINDSETは実際に起こった多くの例を参考に、自覚していなかった「自分の信念」に気づかせてくれます。

また今まで「どう生活に影響してきたか」、そして今後自分と周囲にどう影響するのか教えてくれます。

 

非常に読者に寄り添いながら語ってくれる本です

自分とはどういった人間なのか。

マインドセットの視点から見つめ直してみませんか?

 

本日もご覧いただきありがとうございました。