tokutoku-wimax04

 

ここでは業界最安値と評判のGMO「とくとくBB」プロバイダについてご紹介しています。

 

一口に最安値と言っても実際どれくらいの料金で他社と差があるのか。

そして手続きは簡単なのか気になりますよね。

 

実は私も「とくとくBB」を契約中です。

現在、契約11ヶ月目で、キャッシュバックの申請手続きが終わり今月末に振り込まれる予定です。

今のところ不満も無くスムーズに利用しています!

それでは月額料金やサービス内容、他社との比較を行っていきます。

 

ご注意!

今回ご紹介しているのは、ここで掲載しているキャンペーンページから申し込みした場合の料金比較です。

検索から直接 とくとくBB 公式サイトへアクセスした場合、キャンペーン内容が異なり割引額が低くなっている場合がございます。

 

\ 現在のキャッシュバック金額の確認はこちらから /

とくとくBB公式サイトへ

 

 

 

とくとくBB と他社プロバイダの料金比較

 

まずは、とくとくBBと他社の「平均の月額料金」を見ていきましょう。

比較の条件はこちらです。

  1. 料金プラン:通信上限がないプラン
  2. 期間:契約月から解約手数料が無料になる月まで
  3. 適用する割引:初回契約限定を含むキャンペーン(月額割・キャッシュバック)
  4. 適用しない割引:auスマホ契約者限定割引

 

また、比較表には以下の情報を記しています。

  • 平均の月額料金・・総額から契約初月をのぞいた月で割った平均月額料金
  • 解約手数料が無料になる月・・解約申請した場合に手数料が無料になる月
  • 総額・・契約時の事務手数料を覗いた、契約月から解約手数料が無料になる月までの総額

 

とくとくBBには「2年契約」と「3年契約」のプランがあるので、それぞれ分けてご紹介します。

 

 

 

2年契約の料金比較

 

プロバイダー名 平均の月額料金(税込) 解約手数料が無料になる月 総額(税込)
BIGLOBE 3,710円 契約月 + 24ヶ月目 8万9,040円 + 初月代(無料)
So-net 5,247円 契約月 + 25ヶ月目 13万1,193円 + 初月代(無料)
hi-ho 4,083円 10万2,075円 + 初月代(最大4,083円)
@nifty 4,650円 11万6,250円 + 初月代(無料)
とくとくBB 3,187円 8万2,188円 + 初月代(最大3,897円)
カシモ※2 3,507~3,792円 8万7,695~9万4,822円 + 初月代(無料~1,490円)

(2018年3月時点、セット割などを覗いたWiMAX「通信上限なしプラン」契約のみの比較)

 So-netは新規契約時に必要なモバイルコース200円/月(税抜)込み。

※2 契約プランにより月額料金に変動があります。

 

 

表のように、月額・総額共に「とくとくBB」が最も安くなりますね

この月額に、日割り計算を考慮すして初月代を含めると最大で156円/月 高くなりますが、それでも最安値に変わりありません

(※とくとくBBの初月を1日から使い始めた場合の初月料金を25ヶ月で割った負担金額=3,897円÷25ヶ月)

 

 

 

3年契約の料金比較

 

プロバイダ名 平均の月額料金(税込) 解約手数料が無料になる月 総額(税込)
UQ Wimax  4,690円 契約月 + 37ヶ月目 17万3,547円+ 初月代(最大3,991円)
BIGLOBE 3,772~3,876円 契約月 + 36ヶ月目 13万5,814円~13万9,558円(初月無料)
So-net 3,629円 契約月 + 37ヶ月目 13万4,285円(初月無料)
DTI 3,992円 14万7,722円 + 初月代(最大2,797円)
とくとくBB(GMO) 3,592円 13万2,936円 + 初月代(最大3,897円)
Broad Wimax 3,871円 14万3,247円 + 初月代(最大2,944円)

(2018年3月時点、セット割などを覗いたWiMAX「通信上限なしプラン」契約のみの比較)

※ So-netの料金には新規入会のに必要な「モバイルコース代」200円月(税抜)を加算しています。

 

3年契約でも「とくとくBB」が最安値になります。

ただし、契約日が月初めだった場合、平均の月額が最大3,697円となり「So-net」より約70円高くなってしまいます。

これは初月(契約月)が日割計算される「とくとくBB」と、初月無料になる「So-net」の違いによるものです。

 

この微妙な差がありますが、3年契約も最安値に近いのは間違いありませんね。

 

 

 

料金比較のまとめ とくとくBBが安いは本当

以上のように、契約期間の総額比較で「とくとくBBは最安値」と言ってよい金額だと分かりました。

他プロバイダには初月無料や、2~3ヶ月の月額が1,000円台のところもありますが、トータルで比較すると逆転して「とくとくBB」が安くなります。

 

その理由は、とくとくBBのキャッシュバック最大3万円以上もあることが原因です。

最新のキャッシュバック情報が気になる方は公式サイトからご確認ください。

 

とくとくBB公式サイトへ

 

 

 

とくとくBBのサービスの特徴、キャッシュバックについて

総額の比較から「とくとくBB」が安いのは分かりました。

ではどんなプランと条件があるのか、詳しく見ていきましょう。

 

 

 

最安値になる仕組み

とくとくBBは「月額割」と「現金キャッシュバック」の組み合わせで最安値を実現することができます。

イメージとしては、契約直後から自動的に受けられる「月額割」で月額料金が安くなり、契約から約1年後に「現金キャッシュバック」を振込で受け取り、最安値の条件を満たす、という流れです。

 

 

[ 月額割の例 ]

tokutoku-bb-wimax-plan

 

 

 

[ 現金キャッシュバックの例 ]

tokutoku-bb-wimax-back

 

 

最安値を実現する条件として、キャッシュバックの存在が重要になります。

上の画像からも分かるように、契約プランとルーターの種類によってキャッシュバックの額が変わってきます。

 

傾向としては、3年契約で最新機種のルーターを選ぶと一番多くキャッシュバックを受け取れることが多いです。

契約をする際には、このキャッシュバック額をしっかり確認してから申し込みましょう!

 

 

 

キャッシュバックに必要な条件とは

安くなる流れは分かりましたが、実はキャッシュバックを受け取るには一定の条件を満たす必要があります。

つまり「キャッシュバックを受け取る条件」=「最安値になる条件」ですね。

 

条件は下記の2つです。

  1. とくとくBBに初回申込みであること
  2. 13ヶ月は契約を続ける事

 

1つ目の「初回申込みであること」とは、一度でも過去に とくとくBB で契約があった場合は対象外になる、ということです。

過去に契約したことがある方は、契約名義を変えて、初めて「とくとくBB」で利用する名義(+クレジットカードも別名義)にする必要があります。

 

2つ目の条件「13ヶ月は契約を続ける事」とは、キャッシュバックを受け取るまで契約を続ける必要があるためです。

どうしても契約更新月(解約手数料が無料になる月)まで待てない方は、最低でも13ヶ月は契約を続けましょう。

詳しい条件は公式サイトをご確認ください。

 

とくとくBB公式サイトへ

 

 

 

追記:キャッシュバックの受け取り手順

私が利用する「とくとくBB」が契約開始から11ヶ月経った為、キャッシュバック案内のメールが来ました。

(※以下の内容は2018年3月時点のものです)

 

[ 注意事項 ]

振込時期までに以下に該当する場合、特典は適用されません。

1. 口座情報登録期限を過ぎてしまった場合
2. 特典対象プランの変更
3.特典対象プランの解約
4.未納によるサービス一時停止または強制解約
5.その他弊社が振込困難と認めるものがあった場合

  • お振込日、お振込の完了に関する個別のお客さまへのご連絡は行っておりませんので、あらかじめご了承ください。
  • 既にお申込いただいたお客さまにも行き違いで本メールが配信される場合がございますので、ご容赦いただきますようお願いいたします。
  • 口座登録完了日の翌月最終営業日にお振込みいたします。
  • お振込み手数料は弊社負担となります。
  • お振込完了後の責任は一切負いかねます。

 

 

続いてキャッシュバックの振込方法です。

 

[ キャッシュバック特典・振込み口座の登録方法 ]

情報入力フォームへログインいただき、お手続きをお願いいたします。

入力フォーム:(ここに振込先を入力するURLが掲載されます

お申込期限 :20xx年×月×日 23時59分59秒まで(×月×日にはメールが送られてから1ヶ月後の日付が入ります)

(1)会員認証

・ログインにはGMOとくとくBBの会員ID、会員パスワードが必要です。

(2)口座情報の入力

・希望されるお振込み先口座情報をご入力ください。

(3)入力内容の確認

・正しい口座情報をご登録いただけないと、お振込みできかねますので十分ご注意いただきご登録ください。

 

ここまで入力して、キャッシュバックの申請手続きは終了です。

後は翌月末に振り込まれるのを待つばかりです!!(私の場合は3万円が振り込まれます)

 

 

[ キャッシュバック専用ページの例 ]

 

tokutoku-bb-wimax-cash-backキャッシュバック特典専用の手続き画面

 

 

tokutoku-bb-wimax-cash-back2手続き完了後の画面

 

 

 

新サービス開始!!「得の極み」で月額800円~プラン登場!

tokutoku-wimax-kiwami

 

 

2018年3月26日より新しいサービスプランが登場しました!

その名も「得の極みキャンペーン」です。

 

特徴は、

  • 1~2ヶ月目が月額800円(税抜)
  • 2年契約のみ対応
  • 「ギガ放題」「ライトプラン(7GB)」対応
  • 選べるルーター指定あり
  • 過去にとくとくBBを契約した名義でも申込み可能

という点です。

 

もちろん他プランと同様、

  • ルーター代無料
  • 端末送料・無料
  • 最短即日発送

こちらも対応しています!

 

このキャンペーンはキャッシュバックがない代わりに、月額がかなり割引されています。

そのため、「キャッシュバックの手続きができるか不安」という方にもおすすめできます

2年契約プランなので気軽に始めやすいのもいいですね。

しかも、過去に「とくとくBB」を契約した方でも適用されるのは嬉しい限り!

 

対応ルーターは絞られますが、最大708Mbpsのスピードを誇る端末に対応している為デメリットもほとんどありません。

 

また気になる総額料金ですが、下の表をご覧ください。

 

[ 参考 2年契約の平均料金 ]

プロバイダー名 平均の月額料金(税込) 解約手数料が無料になる月 総額(税込)
BIGLOBE 3,710円 契約月 + 24ヶ月目 8万9,040円 + 初月代(無料)
So-net 5,247円 契約月 + 25ヶ月目 13万1,193円 + 初月代(無料)
hi-ho 4,083円 10万2,075円 + 初月代(最大4,083円)
@nifty 4,650円 11万6,250円 + 初月代(無料)
とくとくBB(得の極み) 3,431円 8万5,785円 + 初月代(最大864円)
カシモ※2 3,507~3,792円 8万7,695~9万4,822円 + 初月代(無料~1,490円)

(2018年3月時点、セット割などを覗いたWiMAX「通信上限なしプラン」契約のみの比較)

 So-netは新規契約時に必要なモバイルコース200円/月(税抜)込み。

※2 契約プランにより月額料金に変動があります。

 

「得の極み」でも変わらず最安値ですね!

初期費用を抑えて契約したい!という方にうってつけのキャンペーンと言えます。

ただし、いつまで続くか分かりません。

この機会にぜひ検討してみて下さい!

詳しい情報は公式サイトをご覧ください。

 


得の極み紹介ページへ

 

 

 

料金以外で知っておきたい情報

最後に「とくとくBB」の詳しいサービス情報をご紹介します。

「安いから契約しよう」だけでは後で後悔する可能性もあります。

しっかりポイントを抑えて契約しましょう。

 

 

 

1. 月額料金以外で必要になる出費は?

契約する際に様々な手数料が発生します。

ここでは代表的な「事務手数料」「解約手数料」「SIMの返却送料」の3つをご紹介します。

 

 

事務手数料

事務手数料」は契約時に必要となる3,000円(税抜)です。

事務手数料の支払いは、端末発送月の翌月に請求されます。

 

 

解除手数料

解除手数料」は解約する月によって金額が異なります。

 

tokutoku-wimax-plan2年契約の契約期間(とくとくBB)

 

 

上の画像のように、2年契約なら「契約月+25ヶ月目」が契約更新月となり、解約しても手数料が取られません。

同様に3年契約なら「契約月+37ヶ月目」が契約更新月となります。

ただし解約手数料を0円にするには「契約更新月の20日」までに申請、またはサービスの一部解約をする必要があります。

 

この期間以外で解約してしまうと、

  • 1~24ヶ月 / 24,800円(税抜)
  • 25ヶ月~ / 9,500円(税抜)

の別料金が必要になってしまいます。

 

また、「得の極みプラン」の場合は手数料が変わり、

  • 1~12ヶ月 / 19,000円(税抜)
  • 13~24ヶ月目 / 14,000円(税抜)
  • 25ヶ月目~(契約更新月以外) / 9,500円(税抜)

となります。

 

 

SIMの返済送料

SIMの返却送料」は解約後に「とくとくBB」宛てにSIMを返却する必要があり、その送料がお客様負担のため必要になります。

 

送料は、日本郵便の「郵便書簡(ミニレター・25g以下)」なら62円で送ることができ、安く抑えることができます。

 

また、ちゃんと送られているか不安な方は、以下のオプションを付けることができます。

  • + 特定記録 160円(特定記録を付けて追跡番号がもらえるので発送したことを証明できる )
  • + 簡易書留 310円(確実に届ける)

参考 日本郵政HP:http://www.post.japanpost.jp/fee/simulator/kokunai/one_two.html

 

このSIMを紛失したり返送できないと、「SIM損害金」として3,000円(税抜)が取られる可能性があるのでご注意ください。

返送の期限は「解約月の翌月末まで」です。

 

 

出費のまとめ

以上のことから、月額料金の支払い以外で発生する出費のポイントはこちらです。

 

最低出費:事務手数料(3,240円) + SIM返却送料

最大出費:事務手数料(3,240円) + 解約手数料(1万260円~2万6,784円)+ SIM返却送料(期日までに返却できないと3,240円)

 

ちなみに以下は無料の為、支払う必要はありません。

  • ルーター代・・・無料
  • ルーター送料・・無料

 

他にも特殊なケースで費用が発生する可能性があります。

詳しくは公式サイトをご覧ください。

 

とくとくBB公式サイトへ

 

 

 

契約時に必要になるもの

契約手続きは全て公式サイト上でできますが、以下の情報が必要になります。

  • 名前
  • 住所
  • 電話番号
  • メールアドレス(登録受付確認のため)
  • 契約者のクレジットカード

 

「とくとくBB」の支払い方法はクレジットカードのみです。

口座振替には対応していないのでご注意ください。

また、クレジットカードも契約者本人の名義しか受け付けません。(法人契約を覗く)

 

すでに契約するプランやルーターが決まっている方は、数分で完了できます!

申込み内容に誤りがないかしっかり確認しましょう。

 

 

 

解約の方法

解約方法は、会員ページの「サービス・オプションの削除と解約」にて申請できます。

この時、2つの点に注意する必要があります。

  1. 解約更新月の20日までに解約しないと解約手数料が取られる
  2. 最低利用期間内のサービスが1つでもある場合は、オンラインで手続きできない

 

1について。

万が一、解約更新月の20日を1日でも過ぎて解約してしまうと、翌月の月額料金を満額支払うだけでなく、「解約手数料」も払わなければいけません。

必ず更新月になったら早めに解約申請をしましょう。

 

2について。

最低利用期間内にサービスの解約をする場合は、会員サポートのお問い合わせフォームから「メールでの問い合わせ」、もしくは「電話で申請」する必要があります。

 

 

その他の注意事項

その他で注意する事は以下の通りです。

  1. 解約月は月の途中でも日割ではなく満額の支払いになる
  2. 一度解約手続きをした場合でも、締め切り前であれば解約のキャンセルができる
  3. 解約月の翌月末までにSIMカードをGMOとくとくBBまでに送る必要がある

 

利用規約は随時更新されることがあります。

最新の規約は契約前にしっかり確認しましょう!

 

とくとくBB公式サイトへ

 

 

 

「au 4G LTE」が利用できるハイスピードプラスエリアモードについて

au-lte

 

auスマホと同様の通信ができるお得なモードが「ハイスピードプラスエリアモード」です。

 

実はこの利用料、2年契約使った月だけ1,005円/月(税別)の料金が必要なのに対して、3年契約は無料になります。

つまり3年契約がお得になります!

 

ただし、このハイスピードプラスエリアモードを利用する際には十分気をつける必要があります。

しっかり特徴をつかみお得に利用しましょう。

 

[ 特徴・注意点 ]

  • LTEの通信速度は、下り最大225Mbps、上り最大37.5Mbps
  • ハイスピードプラスエリアモードを使った月にだけ1,005円(税別)が発生(3年契約は無料
  • 月の途中でも料金は日割りにならない
  • ハイスピードプラスエリアモードは対応端末(ルーター)のみ利用できる
  • ハイスピードプラスエリアモードには月7GB(LTE+WiMAX2+通信の合計)の利用制限がある
  • 月の利用制限を超えると、ハイスピードプラスエリアモードだけじゃなく「通常のWiMAX2+通信」にも速度制限128kbps)が月末まで掛かる

 

その他の気になる点は公式サイトからご確認ください。

 

とくとくBB公式サイトへ

 

 

 

まとめ

最後にこれまでのポイントをまとめました。

得の極み情報と3日で10GB制限の情報も追記しています。

 

[ 料金が安くなる仕組み ]

  • 契約後に自動的に割り引かれる「月額割」と契約1年後に受け取る「現金キャッシュバック」の組み合わせで安くなる。
  • 得の極みキャンペーン」を利用すれば月額割引で最安値になる(ただし2年契約のみ)。

 

[ お得なキャンペーンの条件 ]

  • 「とくとくBB」を初めて契約する名義と契約者のクレジットカードがあること(「得の極みキャンペーン」を覗く)
  • キャッシュバックを受け取るまでの13ヶ月間は契約し続けること(「得の極みキャンペーン」を覗く)

 

 

[ 契約に必要な情報 ]

  • 名前
  • 住所
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 契約者本人のクレジットカード

 

 

[ その他 知っておきたい情報 ]

  • ルータ代、送料は無料
  • 直近の3日間のWiMAX2+通信量が10GBを超えると、翌日18時~翌々日午前2時頃(約8時間)まで速度制限が掛かる(1Mbps以下
  • ハイスピードプラスエリアモード(LTE通信)の利用は、2年契約1,005円/月(税別)、3年契約は無料
  • 月額料金以外の最低出費は「事務手数料(3,240円) + SIM返却送料
  • 解約手数料を無料にする方法:2年契約なら「契約月+25ヶ月目」、3年契約なら「契約月+37ヶ月目」の20日までに申請

 

2年・3年契約どちらも安く利用できるためクレジットカードをお持ちの方はおすすめのプロバイダです!

とくとくBBの料金や最新情報は公式サイトでご確認下さい。

 

 

\ キャッシュバックでの申込みはこちらから /

とくとくBB公式サイトへ

 

 

\ 月額割でお得に始める方はこちらから /

得の極み紹介ページへ