今回はブログ開始2ヶ月の私ができたSEO対策をお伝えします。

この記事はこういった方に読んで頂くために書きました。

「ブログ書き始めたけど、見てもらうには何すればいいの?」

「SEO対策ってなに?」

「SEO対策がたくさんありすぎて、どれからやればいいか分からない」

 

この方法が一番よい、というのは私にはまだ判断できませが、少なくても初心者でもできることは対策してきました。

この記事を読めばSEO対策の基本が分かり、今からすぐに取り組むことができます。

さらにあなたが記事を書く基準をより明確にすることができると思います。

 

【注意点】

取り組むには以下の条件を満たす必要があります。

  • 現在いくつか記事を公開している
  • 今使っているブログ作成ツールの使い方が分かる

 

それではごゆっくりご覧ください。

 

SEO対策とは?

 

SEOとは「Search Engine Optimization」の略で、検索エンジン最適化を意味します。

あなたのサイトやブログを検索結果で上位に表示するために行うことを「SEO対策」と伝えることが多いです。

しかし元々SEOは正しく検索順位に評価されるように最適化するためなんですね。

 

近年様々な企業・個人が検索結果を上げるために対策をしてきました。

しかし中には情報が薄いサイトが検索順位の上位に来てしまうことも。

これはGoogleなどが求める「検索者の欲しい情報があるサイトを上位表示する」という事に逆行してしまいます。

 

こういったことがないように、Googleはよりサイト内にある情報の質や量を重視する対応をとっているようです。

これから様々なSEO対策もやっていくべきではありますが、根本としては「サイトの質と量」を増やしていくことが大切です。

 

 

具体的なSEO対策とは?

 

SEO対策には、使っているブログサービスの違いなどで、できること・できないことがあります。

例えば無料ブログとWordpressでは細部へのこだわりではかなり差が出てしまいます。

 

確実に成果を出すためには、「SEO対策ソフト」やSEO対策を「専門とする企業」、または老保のブロガーさんなどから情報を買い、実践していくのが一番早いと思います。

 

しかしその際には金銭の発生や、ブログに対して求められるレベルが急激に高くなる可能性があります。

まずは自分のできる範囲で徐々に対策し、知識と経験を積みながら有料の取り組みを追加していくのがベストだと私は思います。

 

自分でできる具体的なSEO対策は、「サイト内のhtmlコードの変更」、「検索ワードを再設定」、「読みやすい文章作成」などです。

もちろん効果が大きく出るまでは、それなりの知識とデータ集めをやり繰りする時間が必要です。

(なかにはそこまで意識してなくてもある程度アクセスを稼いでる人もいるようですが)

 

私も2ヶ月半ほどでやっと検索順位がベスト10に入るようになりました。

 

 

スポンサーリンク

今すぐ取り組める10のSEO対策

 

それではさっそくSEO対策をやっていきましょう。

なおここから先は以下の条件を満たしている、という前提で進みます。

  1. すでにブログを作成していて、記事が多少はある
  2. ブログの修正のやり方、基本操作が分かっている

 

それではご覧ください。

 

1.どんな人へ届けたいか決める

 

これが一番大切です。

どんな人に見て欲しくて、そのためにどんな内容を書き、どう思って(またはどうなって)ほしいのか。

 

私のイメージでは目の前に読者がいて、私に質問を投げかけ、その質問に答えるイメージですね。

やっぱり読む相手は人間なので、どんな人が読むかで文章の硬さや表現の仕方など変わってくるのではないでしょうか?

 

私も書くことやブログの運営・伝える事も初心者です。

こうやって頭の整理をしながら皆さんと向き合って文章を書いています。

最初から上手な人はいないと思います。

一歩一歩頑張りましょう!

 

2.タイトルに気を使う

 

記事のタイトルはその文章の顔。

どんなに内容が優れていても、検索してきた人には文章のすべてを見て判断することはできません。

そのため、いかに「あなたが探している内容が私のサイトに書いてますよ」というのをアピールできるかカギとなります。

 

例えばあなたが沖縄料理の紹介をしているサイトだとします。

ここで検索者が

「沖縄料理で緑の野菜で苦いけど、豆腐や卵を使って食べると美味しい料理なんだっけ?」

と料理名が思い出せず、ネットで検索することにしました。

その人は検索窓に

「沖縄料理 苦い 豆腐 卵 緑野菜」

もしくは

「沖縄料理 苦い 何?」

または

「沖縄料理 苦い 野菜」

など検索するかもしれません。

 

しかしあなたの記事の題名が

「ゴーヤチャンプルーの美味しい作り方」

としか書かなかった場合、先ほどの検索者はあなたのサイトを見つけることができないかもしれません。

より検索者に合わせるなら

「沖縄料理の作り方。苦くても美味しいゴーヤチャンプルー」

など「沖縄料理」「苦」というワードを題名につけてみるとより見つけやすくなります。

 

私はこの題名で記事を書きたい“という方もいるかもしれませんが、それは有名人やある程度ブログのリピーターが多い方のやり方です。

 

まずは探してる人に見つけてもらいやすくすることと、あなたの記事がうまく伝わる題名にしましょう。

 

3. 3つのキーワードで考える

 

題名の大切さをお話ししましたが、次はキーワードの選定です。

先ほどの「沖縄料理の苦い野菜と豆腐、卵を使った料理はなに?」の例のように

検索するであろうキーワードを決めておくと検索上位に入りやすくなります。

 

キーワードの基準はまず3つ。

これは検索者が2つ、または3つの単語で検索するのに合わせて、あなたも見てもらいたい「検索ワード」を決めます。

沖縄料理の例で言うと

「沖縄料理」「苦い」「野菜」

または

「沖縄料理」「豆腐」「卵」

などでもいいかもしれません。

こういったキーワードを含む題名に変えてみましょう。

 

 

4.タグをつける

 

タグとは記事をジャンル分けする時に使います。

多くはサイト内のサイドバーなどに記事を振り分けるときに使いますが、SEO対策としても多少有効のようです。

いつかやるなら今のうちにタグ付けする癖をつけておきましょう。

 

タグの付け方は例えば「ゴーヤチャンプルーの作り方」についての記事であれば、

「沖縄料理」「手料理」「食べ物」

というタグにしてもいいかもしれません。

タグも一つではなく複数選び、なるべく誰でも分かるような単語を選びましょう。

理解しやすい名前の方がクリックしてもらえる確率が高くなります。

 

 

5.段落にタイトルと関連する名前をつける

 

段落とは本文の中のサブタイトルのようなものです。

記事の全体を示すタイトル、そこから細かい分野ごとに分けるサブタイトルがいくつかあります。

この記事でいうと、「目次」にある4つの項目がサブタイトルです。

 

そして今読んでいる文章の上に書いてある「段落にタイトルと関連する名前を付ける」

これがさらに細かいタイトルです。

このタイトル、サブタイトル、更に細かいタイトルの3つが関連する言葉で表示されると題名と内容が一致していると認識されやすくなります。

 

もちろん読んでる方にも一貫性のある記事だと思われて一石二鳥ですね。

全く同じ言葉ではなくても、なるべく関連する言葉で分かりやすいタイトルにしましょう。

 

 

6.段落のタグ「H」を使う

 

ひとつ前にタイトルの話をしましたが、htmlタグにはタイトルなど「見出し」を表示させるコードがあります。

それが「H」です。

主に題名にh1、サブタイトルにh2、さらに細かいタイトルにh3と使い分けることによってgoogleへ記事の内容を知らせることができます。

 

使い方はテキスト(html)の編集で

 

と書くと下のように表示されます。(表示は設定により変わります)

 

 

<h2>でタイトルが始まり、</h2>でタイトルが終わるように作られています。

<h1>も<h3>も同様です。

また記事のタイトルには何もしなくてもh1が使われていることが多いので、実際に書く記事にはh2とh3を使って区別してください。

h1がタイトルに使われているか不安な方は、記事を一度ブラウザで表示し、htmlコードを読み込んでみてください。

 

 

7.本文のつかみを凝縮する

 

googleなどの検索結果を見たときに、サイトの一部の文章が表示されているのに気づきましたか?

 

この文章が題名の次にクリックするか重要になる部分です。

題名の内容がどうなっているかをその文章で判断するので、興味をもたれやすい、かつ内容に即した文章にする必要があります。

 

この検索結果に出てくる文章は使っている文章作成ツールによっては自分で選べますが、それ以外の場合は記事の最初の文章が表示されます。

またいざクリックしても最初の文章に興味を持たれなければ途中でページから離脱してしまうかもしれません。

そのため記事の最初の文章はとても大事です。

 

私も

「どんな内容で」

「どんな人向けで」

「誰がこの文章を書いていて」

「読む人にどんな結果が得られるか」

に重点を置いて書いています。

ブロガーさんによってはさらっと書く人もいます。

ですがまずは練習の意味も含め意識して書くことが良い記事の作成にもつながりますよ。

 

 

8.文章を1,000文字以上で構成する

 

理由は2つあります。

ひとつはgoogleなど検索エンジンが短い文章のページはあまり評価しないという話があること。

つまり内容が薄いのではないか、と思われるということですね。

 

 

【追記】

年々、グーグルの評価が厳しくなっているようで、1,500~2,000文字を超える記事が良い、という話が多く出ています。

速報系のニュースでも、他のブログに載っていない情報など付け加えて、より濃い記事を目指しましょう。

 

2つ目は読む方の満足度、納得度です。

これは個人的な見解もありますが、ここ数年で個人がブログを通して情報発信する人が増えています。

芸能人などは以前からありましたが、それが一般人にも広がっています。

よって同じ内容の記事でもあなただけでなく多くの競合がいる場合が増えてきました。

 

ではその中から自分の記事を読んでもらうにはどうしたら良いか。

そのひとつの解決策がより分かりやすく詳しく書くということです。

例えば何かを調べるために検索した人は、ひとつのページで解決できたらうれしいですよね。

この流れに沿う対策として、記事を書くときは1,000字近くまたはそれ以上を意識してください。

ちなみにこの記事も5,000字 6,000字以上で表示されています。

(まとめ記事というのもありますが)

 

もし「文章を増やしても内容が薄い」という時は

記事の内容に合った雑学、関連情報を紹介するなどでもいいと思います。

 

 

9.検索補助サイトを使って順位を気にする

 

様々な対策を取っても実際に記事が読まれなくては意味がありません。

Googleアナリティクスなどで分析する方法もありますが、ここでは簡単にできる方法をお伝えします。

私が使っている検索順位チェッカーというサイトがあります。

検索順位チェッカーでは順位を知りたいサイトのURLと検索するワードを設定して、現在リアルタイムで検索順位が何位か調べることができます。

 

ただしこのサイトでは検索結果上位1,000位までしか測れません。

2~3個の検索ワードで表示されない場合は思い切って4つ、5つの検索ワードに増やしてみるなどしてください。

ある程度検索結果が上位に来るようになれば、このサイトでどのキーワードならさらに上の順位に来るかなど対策を立てやすくなります。

 

【追記】

ブログサービスによっては、1~2日記事が検索結果に反映されない(検索しても表示されない)場合があります。

特に、WordPressを始めたばかりの方は独自ドメインが弱い為、時間が掛かる傾向があります。

私も最初の3ヶ月は検索結果に反映されるまで1~2日掛かりました。

現在はすぐ表示されますよ。

 

逆に、livedoorブログなど無料ブログを利用している方は「すぐに」反映される傾向にあります。

 

 

10.URLを検索ワードに変更する

 

URLとはhttpから始まるネットワークの中の住所のことですが、実は検索エンジンがサイトを探す時にURLも見ているらしいのです。

ではどう対策を立てるのか。

それは英語で本文の内容に合ったURLに変更することです。

例えばこのページのURLには以下の単語が使われています。

search_engine_optimization_measures_easy_method_beginner_blog

 

「search_engine_optimization_measures」は”SEO対策”を英語表記したものです。

URLを検索エンジンが見て「SEO対策が書いてある」と思ってもらえれば該当する検索結果によい影響があります。

ただし変更する前に注意してほしい事があります。

URLを変更すると、今までリンクを貼っていた他のサイトからアクセスできなくなるのでURL変更の手間が発生すること。

そしてブログサービスなどあなたの環境によって記事の更新から検索結果に反映されるまで時間がかかる場合があること。

 

まとめると

  • 他のサイトに貼っているURLを変更する必要がある
  • URLの変更が検索結果に反映されるまでタイムラグがある場合がある

この2つを注意してURLを変更してください。

 

取り組み中の変化・結果

 

以上がSEO対策でした。

内容は理解していただけたでしょうか?

まだまだ説明不足もあると思いますが順を追って改善していこうと思います。

 

私の2カ月間の結果をお伝えすると、

記事を公開したそのままの状態で検索結果から流入した数は1日で0~1でした。

そしてこの記事の”10のSEO対策”や他の対策を含めて改善を続けたところ、

2~3個の記事でほぼ毎日検索結果から流入するようになり、

検索順位もベスト20位に入るようになりました。

それでもまだ2ケタの流入数なのでいかにベスト10に入るかがカギですね。

 

【追記】

ブログ開始から4ヶ月で300PV/日以上のアクセスが来るようになりました。

ブログの記事を増やしていくと段々SEO対策の効果が出てきますよ。

参考:2017年8月ブログ運営報告-4ヶ月経過で2万PV達成

 

また一つの記事がずっと検索結果の上位に来ても、いつかアクセス数は頭打ちになります。

必ず記事数も増やしながら対策をして複数の記事が上位に来るようにしてほしいと思います。

始めは”全くアクセスが来ない”とモチメーションが下がり、ついついSEO対策だけやる。

なんてことがあるかもしれませんが、記事数と対策のバランスが大切です。

 

今回の記事が少しでも参考になれば幸いです。

最後までご覧頂きありがとうございました。