今回は初心者ブロガーの私が無料ブログでGoogle AdSenseの審査に合格するまでのお話です。

こちらの記事はこういった方に読まれています。

「Google AdSenseってなに?」

「Google AdSenseの審査が通らない」

「ブログから収入を得たいけど、何がおすすめ?」

 

今回は私がGoogle AdSenseに合格するまでのブログで行った修正点やプロセスを時系列で書きました。

結論としては、恐れずに1つずつ対策をしていけば合格できるということ。

またこの記事や他のブロガーさんの記事を参考にしていけば、近道になると思います。

どんどん盗んでGoogle AdSenseを攻略してください。

 

 

Google AdSenseとは?

 

Google AdSenseとは、あなたのサイトにGoogleが広告配信を行い、広告の閲覧・クリックに応じて収益が発生するプログラムのことです。

Google AdSenseを利用するために必要なのは以下の2つです。

  • 独自ドメイン
  • 広告を貼る為のサイト(審査をする為にも必要)

 

必須ではありませんがGoogleアカウントも持っていた方が何かと役に立ちます。

Google AdSenseと他のGoogleサポートプログラムで連携もできますのであった方がよいでしょう。

申請方法はGoogle AdSenseのページから行い、審査期間は最短で1週間以内、長くなると2~3週間、もしくはそれ以上かかります。

詳しくはGoogle AdSenseのwebページをご覧ください。

 

Google AdSenseの特徴

 

1.クリック型報酬

Google AdSenseは広告から紹介された商品やサービスが買われなくても、広告クリックだけで収入を得られるのが一番の魅力です。

1クリックの収益は平均30~40円と言われてますが、

広告の内容やあなたのサイトがgoogleからどう評価されているかにも影響します。

 

[追記]

私も1クリックの単価が30円前後が多いですが、毎日金額は変化しているため、評価が低い場合は10円以下の時もあります。

 

 

2.あなたのサイトに合わせた広告を自動配信

Google AdSenseはあなたのサイトの情報を読み取って適切だと思われる広告を自動で提供してくれます。

基本的には何もせずどんどん新しい広告に更新されますので手間がいりません。

 

3.広告の位置や種類をカスタマイズできる

Google AdSenseのwebサイトでは、

使用する広告の位置や種類を選んだり、最適化ツールを使って広告をカスタマイズできます。

もちろんスマートフォンにも対応し、表示方法の変更などもできます。

 

 

審査の流れ-時系列

まずは審査申し込みから合格までを時系列に書いていきます。

2017年6月3日:初めて審査の申し込み

数分後の申請画面「サイトの審査には最大で3日間かかります」

6月9日:申請画面の表示が変わる

「お客様のアカウントを準備しています。通常は1日足らずで完了しますが、場合によってはそれ以上かかることもあります。」

6月18日に不合格の通知がメールに来る

その日にもう一度審査の申し込み

表示がすぐ「サイトの審査には最大で3日間かかります」に。

6月19日:不合格通知(メール)

この間に対策をする

6月21日再度、審査の申し込み(2回目)

表示がすぐに「サイトの審査には最大で3日間かかります」に。

6月22日:審査合格のメール

ご覧の通り2度落ちてから合格しました。

よく落ちるというのは情報にあったのでへこみはしませんでしたが、すぐに思い当たるところを改善しました。

だたやっぱり時間がかかると焦ったり、早く通過しないかソワソワしましたよ。

 

1度目の審査のブログ状況

続いて初めて審査を申し込んだ時のブログの状況です。

サービス会社:livdoorブログ(無料プラン)

ブログ歴:17日目

記事の数:30~35個
PV:約200(サイト開設からの総数)
訪問者:100人未満

ドメイン:ロリポップを使い独自ドメインを取得

広告:楽天とamazon広告をすべてのサイトに貼り付け

記事の内容:

  • ニュース速報:10個
  • 日記が3個
  • その他、経験談など:3~5個

記事の文字数は7~800文字超えているのが多かったのは確かですが、ブログ初心者で長文慣れしていません。

多少読みにくいと思います。

内容は凄く薄いものばかりでした。

ちなみに私はその記事の一部は今も表示していて、

「審査用のブログをつくって合格したら本来のブログでアドセンスを使う」

という方もいるみたいですが私はやりませんでした。

 

落ちてからの改善点

2度審査に落ちましたので分けてお伝えします。

 

1度目の審査落ちのときは、まず不合格通知のメールを見ました。

 

ユーザーに価値ある情報を提供することが重要、独自のコンテンツがないページには広告を掲載しない

 

という文章が気になったので、内容が薄すぎた記事を下書きにしたり、広告を一部減らしてみました。

記事は独自で作ったものだし、他は大丈夫だろうと思いすぐに再審査を申請しました。

 

このとき他のブロガーさんの記事からは

「すぐに再審査しても受かるものも受からないから意味ないよ」

という情報も得ていたのですが、あえてやってみることに。

 

そして見事、次の日に不合格メールが来たわけですが(笑)

不合格通知のメール内容は全く同じでした。

 

2度目の審査落ち後は、”すぐに再審査したら落ちそうだ”と思ったので再審査まで2日空けることにしました。

その間は他のブロガーさんの対策サイトを参考にしながら以下のことをやりました。

  • プライバシーポリシーの追加
  • カテゴリーの細分化とヘッダーにサイトの階層表示(パンくず)の追加
  • 貼っていた広告をほぼ削除
  • サイト全体の見た目を少し変更(より分かりやすいように)
  • 開設した当時の記事からリライト(4記事)

 

また審査中も毎日1つづつ記事は増やしていきました。

この状態で再審査を申し込んだ次の日に無事合格しました。

 

 

申請-合格を振り返ってみて

最初の申請で落ちた時は簡単には通らないな、と思いました。

しかし合格してみるとそこまで厳しいわけじゃないのかな、という感想です。

 

もちろん対策が良かったと思ってますが、ブログに必要なことを取り組んでいけば自然と合格に近づけるのではと感じます。

個人的には「不合格後すぐに再審査を申し込んでも受かりたい」

という願いは叶いませんでしたが、これから申請する方で自信がある方はチャレンジしてみてもいいかもしれません。
メールには「時間を空けてから申し込んで」などは書いてませんでしたので。

 

何回も申請して、不合格の場合は原因を探すのが大変でしょうが、焦らず時間を空けて申請してみるのも手ではないでしょうか。

その間に良い記事を書けば、合格したときに今より収入が得やすい環境ができて良いと思います。

私ももっと頑張ります。

 

本文は以上です。

少しでも参考になれば幸いです。

本日もご覧いただきありがとうございました。