ページビューが真っ白。頭の中も真っ白。

 

ちょっと仮眠している間のことでした。

その日は昼まで1時間に30~60のアクセスがあった当ブログですが、夕方にGoogleアナリティクスでリアルタイムPV数を確認してみると・・

 

 

ご覧のように30分で0PV。

 

全くアクセスが無くなりました。

1日のアクセスもご覧の通り。

 

 

前日のオレンジの線と比べて、12時を境に大きくアクセスが落ち込んでます。

 

この落ち込みで1日の50%以上(300~400PV)のアクセスは失ったはずです。

 

この時はもの凄く焦ってすぐにSEO対策を追加したり、記事のリライトをしたのですがまだ変化はありません。

まあ、そうですよね。

 

それにしてもどうして急にこんなことに・・?

 

「もしや」と検索ツールでインデックスの順位を調べてみると

 

やはり圏外。

 

しかしなぜ?

 

Google検索に大きな変動シグナルが発生

 

しばらくして登録しているGyro-n(ウェブサイト改善エンジン)からメールが来ていることに気づきました。

以下引用です。

 

先週末8/17(木)よりGoogleの検索結果において大きな変動シグナルが発生していますのでお知らせいたします。

(中略)

今回の変動については、特に急に発生したものではなく、1ヵ月程度、小規模な変動を繰り返している状況でした。
しかし、ここ数日でかなり大きな変動となっています。

今後も変動が続く可能性もありますので、注意深くウォッチしていく必要があります。

 

どうやら8月17日から順位の変動が起きていたようです。

 

こういった「順位変動」は不定期に起きているので知っていたのですが、まさかここまで強い影響を受けるとは思いませんでした

 

しかも10位以内の記事が圏外って・・・。

 

もしかしてgoogleに嫌われたのかな、とも思ったんですが他の記事は順位に影響は無く

今回影響した記事は、gooleの検索順位は圏外でもyahooの検索順位は少し落ちただけで。

 

再びGyro-nからのメールを見るとこう書いていました。

 

このような大きな変動が発生すると、しっかりメンテナンス・チューニングしているコンテンツは順位が上昇(再評価される)傾向にあります。

Gyro-nサイトでも、注力しているキーワードでは、検索順位は上昇傾向にあります。

このように大きく順位が変動する(=再評価される)タイミングでしっかり順位アップできるよう、普段からコンテンツの品質を保ちメンテナンスしていくことが重要です。

 

なるほど。

確かに順位が落ちた記事はH2などのタイトルタグを有効に使ってなかったですね。

記事のボリュームや質はそこまで悪くないと思うんですが。

 

しかしそこまで順位が落ちるもんなんですかね。

ちょっと納得できないところもあります。

 

まとめ 改めて読まれる記事を複数持つべきだと実感

とりあえず、学んだことは一つの記事に頼ってもいいことはないということ。

お陰様で改めて危機感を持ちました。

 

良い記事をたくさん出して、安定したアクセスが出るように頑張ります。

 

みなさんもこういった経験多いんでしょうか?

 

参考になれば幸いです。

本日もご覧いただきありがとうございました。